スポンサーリンク

Vesselのドライバーが私のお気に入りです

お気に入りのドライバーがあるんです

私は,ホームセンターの工具売り場が大好きです。

工具売り場で,新製品の工具を見てはニヤニヤしています。

でも使うドライバーだけは,決めています。

長く使ってきて使いやすく,不満がないのは Vesselの物だけなんです。

プラス,マイナスでサイズの違うものをシリーズでそろえて買うほど気に入っています。

Vesselのドライバーはどこが良いのか

どこが良いのか・・・

まず一番よくつかうのが,クッショングリップドライバーです。

プラスドライバーは赤いグリップ,マイナスドライバーは黄色グリップです。

道具箱の中でも,一目で区別できます。

先端は少し帯磁しているので,大きなネジでなければ手を添えることは不要です。

一番の特徴が,2段グリップです。

手のひらで大きいグリップを握り,人差し指と親指で中程の小さいグリップを回すのです。

そうすると,力が不要ですばやい回転を必要とする時,素晴らしく効率が良いのです。

ある程度ねじ込むと,大きいグリップで軽く回せば,ネジ締め完了です。

ネジを外す時はこの逆の手順になります。

大きいグリップで回し,緩んだネジを小さいグリップで早く回せば良いのです。

こういう2段グリップは他のメーカーにはありません。

次の写真のような,よく似たグリップのドライバーがあるのですが,

指先の回し具合がしっくりこないのです。

このドライバー達は,木工や家庭内の一般的なネジ締めに使っています。

もう一種類気に入っているのは,プラスチック柄のドライバーで

クリスタルラインドライバーという製品です。

このドライバーは強力なマグネットが入っているので,

ドライバーの先端にネジがくっつきます。

ですから,狭い場所で小さいネジを締めたり緩めたりするのに重宝するんです。

私は,精密ドライバーと少し大きいプラスドライバーをよく使います。

プラスドライバーは赤いライン,マイナスドライバーは緑のラインが入っていて

やはり一目で区別できます。

写真一番上に写っているプラスドライバーは,柄に穴が空いています。

半田ごてを落としたからです。

代替えに買ったのがすぐ下に写っているドライバーなんですが,

軸の長さが少し短いので,穴あきのドライバーも引退していません。

つぎに クッショングリップドライバー〈細軸タイプ〉を紹介します。

このドライバーは,奥まった場所のネジに使います。

この No.9900 マイクロドライバーは,

パソコンの組み立てのとき小さいネジを締めるときに使います。

私の持っているのは,今売っているものとは違っていて

回転キャップがついていない古い製品です。

でも,使い勝手に問題はありません。

Vesselのサイトを見ていると,新製品があふれていて全部欲しくなってしまうんです。
いやはや困ったものです。

Vesselは100年以上続く歴史ある日本のメーカーです。

これからも良い製品を作り続けて欲しいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク