スポンサーリンク

X-Plane11の窓外にムービングマップを表示する方法

以前にX-Plane11のスクリーン内に表示するムービングマップをご紹介しました。

そのマップは,仮想現実用でしたのでX-Plane11の外には表示できませんでした。

今回ご紹介するのは,ワイドスクリーンでX-plane11のスクリーンの外に表示するムービングマップです。


X-Plane11導入日記(その39)

X-Plane11の窓外にムービングマップを表示するソフトウェア

X-Plane11で利用できるムービングマップを探してみて,以前ご紹介したスクリーン内に表示するアドオンパッケージをご紹介しました。

そのパッケージは,主としてVRで利用することを目的にしているのでX-Plane11のスクリーン内に表示するだけで,スクリーンの外には表示できませんでした。

今回ご紹介するのは,X-Plane11のデータ出力機能とGooglemapを利用してX-Plane11のスクリーン外にムービングマップを表示するプログラムです。

ソフトウェアの名称は”External Moving Map”といい,2018年9月現在のバージョンは”X-Plane-Map 2.4.1”です。

ソフトウェアのダウンロードとインストール

ダウンロード

External Moving Map”は,X-Plane.orgのリンクからダウンロードします。

X-Planes map is nice but you cant look at it without pausing the sim. and it doesnt have as many details as, say, Google Maps ... Ever felt the need for a movin...

表示されたウインドウの右側にある緑色の”Download this file”をクリックします。

X-Plane.orgより引用

Windows10用のパッケージは,表示された”X-Plane-Map”ウインドウの中にある”Download for Windows”をクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたパッケージは,”x-plane-map-electron-setup-2.4.1.exe”というインストーラーです。

インストール

ダウンロードしたインストーラーを管理者権限で実行します。

なお,インストーラーは互換性設定をしなくても動作します。

ただし,Windows10が挙動不審と判断するのか,警告ウインドウが表示されます。

問題はありませんので,実行ボタンをクリックします。

なお,私が使っているマカフィーインターネットセキュリティの常時監視では,このソフトウェアの動作中に警告は発生しませんでした。

インストールが終了すると,”X-Plane-Map”のウインドウが開きますが,地図は表示されません。

まだX-Plane11からデータが送られてきていないからです。

インストールが終了すると,デスクトップに”X-Plane-Map”のアイコンが追加されます。

インストール後は,これをダブルクリックして起動することになります。

X-Plane11の設定変更

X-Plane-Map”を使うには,X-Plane11のデータ出力設定を変更する必要があります。

X-Plane11を起動し,フライトを開始します。

開始できたら,画面右上をクリックしシステムの設定メニューを選びます。

つぎに左側の数字から20を選択してクリックします。

そして右側にある”UDP経由のネットワーク”のチェックボックスをクリックします。

つぎに右下にあるネットワーク設定という欄の下にあるネットワークデータ出力を送信するというチェックボックスをクリックします。

IPアドレスを入力するというダウンリストにIPアドレス欄に”127.0.0.1”を,ポート欄に”49003”を入力します。

実行完了をクリックすると,”X-Plane-Map”ウインドウ内にGooglemap画面が表示され,飛行機の現在位置が黒いアイコンで表示されます。

マップ表示のバリエーション

X-Plane-Map”はGooglemapを使うので表示も3種類のバリエーションがあります。

通常マップと,衛星写真そして地形図です。

広島西飛行場(RJBH)を離陸してしばらくたったとき,それぞれの表示は次の画面のようになります。

通常の地図表示

衛星写真表示

地形図表示

航跡図も設定によって表示できるようになっています。

地図のスケールはウインドウ内の+/-で変更できるほか,マウススクロールによっても変更できます。

もちろん,ウインドウサイズの変更も自由です。

なおGooglemapを利用しますから,VORやILSなどの航法支援設備は表示されません。

試してはいませんが,このムービングマップは,ネットワーク経由で外部PCでも表示できるようです。
また地図上にフライトプランの表示もできるようです。

まとめ

最近のマルチコアプロセッサを搭載しているPCであれば,フレームレートへの影響もあまりないようです。

このムービングマップは表示の自由度が高いので,ワイドスクリーンを使っている人や,マルチスクリーンを持っている人には便利なツールになると思います。


この記事は,次のX-Plane11を使用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク