スポンサーリンク

のんびりグライダーで空中散歩はいかがでしょう

静かに飛ぶグライダーの魅力

私は,のんびり静かに飛ぶグライダーが好きです。


グライダー漫画を読みました

ちょっと魅力的なグライダー漫画がありました。

ナビゲーションを楽しむのとは違って,サーマルを探して冒険できるのが魅力の一つです。

漫画サイトを見ていたら「ブルーサーマル」という漫画を見つけました。
まだ連載中の作品のようです。
早速,読んでみました。

[まとめ買い] ブルーサーマル ―青凪大学体育会航空部―(バンチコミックス)

新品価格
¥2,160から
(2017/6/28 09:51時点)

グライダー教本と違って,気楽に読めて少し知識が増えるのがいいです。
ストーリーは,才能ある女性パイロットの物語ですが,青春物というのか,ワクワクさせるところやミステリーっぽいところがあって続きが読みたいなーと思わせる,良い作品だと思います。


フライトシミュレータのグライダー

さて,フライトシミュレーターにもグライダーの機体はたくさんあります。

デフォルトのグライダーの”Schweizer 2-32″は,ちょっとレトロです。
AVSIMとかFlightsim.comとかで”FS2004 Glider”で検索すると,ぞろぞろ出てきます。

FS2004で使えるシュウライハー ASK-21 グライダー

フライトシミュレーターでは,残念ながら購入しただけでは,グライダーを地上から離陸させるのは困難です。

FSXでは,アドオンソフトの Aerosoftの”Discus Glider X”を購入しインストールすれば,”WinchX”というウインチソフトウェアが付属しているので,地上から飛び立つことができます。

Discus Glider x (PC) (輸入版)

新品価格
¥4,265から
(2017/6/28 09:56時点)

このソフトウェアは,海外のオンラインストアからダウンロードで安く購入することができます。


FS2004では,”Flightsim.com”に特定の飛行場のウインチを含むグライダー環境を整えるフリーソフトがありますが,私は導入していません。

FS2004でグライダ-で飛ぶ時は,最初に地上状態でフライトを作成しポーズさせます。
ポーズ状態で高度と速度を設定して再スタートさせれば、空中スタートができます。
言い換えれば,デフォルトのFS2004では空中スタートが基本ということでしょうか。

Photo from flickr


ともかく,空中にいるグライダーは,鳥のようにすーっと飛べるのですから贅沢を言わないことにしましょう。

Photo from flickr


海外では,エアスポーツとしてのグライダー人気が高いですね。

日本のグライダー飛行場をGoogle検索してみると,関東に3カ所ありました。

このあたりにサーマルが多いのでしょうか。

私も,これから久しぶりに空中散歩を楽しむことにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク