スポンサーリンク

X-Plane11の滑走路表示を改善する方法

X-Plane11のシーナリーについて空や水の改良をおこないました。

けれども滑走路の質感はデフォルトのままであり,あまり上品とはいえません。

滑走路や空港の風景を改善するアドオンパッケージをX-Plane11に導入する方法を説明します。


X-Plane11導入日記(その38)

X-Plane11の飛行場風景を改善する

X-Plane11の滑走路などの舗装表現を改善するテクスチャーと飛行場内の設備を改善するライブラリがセットになったアドオンパッケージがあります。

名前は,その名前が機能を表現している”Airport Environment HD“といいます。

このパッケージは飛行場内の次のものを置き換えます

滑走路と誘導路のテクスチャ
ブラストパッド,滑走路肩,スキッドマーク
誘導路標識
エプロンライト,燃料タンク
荷物用カート,トラクター,貨物トラック
塗装された地上標識,ランプ標識
タクシーライン
空港エリアの地形テクスチャ

なおそれぞれの置き換えは,定義によってON/OFFの切替ができるようになっています。

Airport Environment HD“のダウンロード

このアドオンパッケージは,X-Plane.orgからダウンロードします。

リンク先はつぎのとおりです。

Airport Environment HD is a comprehensive object and texture replacement that aims to improve the look of all airports in X-Plane Please read the instructions b...

画面の右側にダウンロードボタンがあります。

これをクリックすると”Airport_Environment_HD_2.02.zip”というファイルがダウンロードできます。

X-Plane.orgより引用

Airport Environment HD“のインストール

このパッケージは,X-Planeのデフォルトのテクスチャを置き換える第1の部分と,ライブラリとして機能する第2の部分ので構成されており,どちらも独立してインストールできます。

まずダウンロードした”Airport_Environment_HD_2.02.zip”を展開した”Airport_Environment_HD_2.02”フォルダーを開きます。

なお,インストール前に”X-Plane 11 / Resources /”フォルダーのバックアップをしてください。

このパッケージは,テクスチャーを上書きしてしまいますので,元に戻したい場合は,バックアップから書き戻さなくてはなりません。

第1の部分(テクスチャー)のインストール

Airport_Environment_HD_2.02”フォルダー内の”Part 1(Texture replacement)”フォルダを開きます。

このフォルダー内のすべてのファイルとフォルダを”X-Plane 11 / Resources / bitmaps / runways”に上書きコピーします。

1.5の部分(テクスチャー)のインストール

このパッケージには欧州内の滑走路の表示を改善するテクスチャーという名目のテクスチャーが同梱されています。

このデータは,滑走路の番号が”1”と表示されるのを”01”という表現に変更するものです。
日本国内の滑走路では一桁台の番号は”0X”と表記されます。

ですから,第1の部分のインストールと同じように”Part 1.5 (Optional) – European runway numbers”フォルダーの内容を,”X-Plane 11 / Resources / bitmaps / runways”に上書きコピーします。

実は,滑走路番号の改善については第1の部分を導入後に気がつきました。

RJBHから離陸しようと思ったとき,一桁の番号でした。
またFS2004では,”04”と描かれていました。

さらに正式な資料であるAIM-jで確認したところ,日本国内の滑走路表示は”0X”表記になっていました。
欧州表記というフォルダーの説明で先入観を抱き,国内空港の滑走路表記を確認していなかった私のミスでした。

AIM-j 2013年版から引用

第2の部分(ライブラリ)のインストールAirport_Environment_HD_2.02”フォルダー内の”Part 2(Scenery library)”フォルダ内に移動します。

Airport Environment HD”フォルダを”X-Plane 11 / Custom Scenery”にコピーします。

“scenery_packs.ini”の編集について

パッケージをインストール後にX-Plane11を起動すると,”scenery_packs.ini”にライブラリ部分の定義が取り込まれます。
この第2の部分はライブラリですから,かなり下の方に書いておいても良いのですが,インストールするすべての飛行場内の設備を改善するには,定義を一番上に置くよう推奨されています。
つまり新しい空港シーナリーを追加するたびに,”Airport Environment HD”の
定義が一番上になるよう編集する必要があるのです。
ライブラリとしては,特別な位置づけになります。
なお,新しく追加したシーナリーの表現内容を生かしたい場合は,定義が”Airport Environment HD”の定義の上に来るように編集してください。

滑走路表示の改善結果

デフォルトの滑走路は次の画像です。
場所は,広島空港(RJOA)です。
改善した滑走路は次の画面です。
ずいぶん質感が違いますね。

つぎに滑走路番号表記の改善ですが,広島西飛行場(RJBH)の北向きの滑走路を例にご覧ください。

改善前の滑走路は次の画像です。

改善後は2桁表示です。

ライブラリ機能の無効化

このパッケージのライブラリ部分から特定の機能を無効にするには,Custom Scenery / Airport Environment HDフォルダ内のlibrary.txtファイルを編集します。
このファイルは,改行コードが特殊なのでメモ帳以外のテキストエディタでファイルを開きます(私は”秀丸”を使っています)。
つぎに無効にする機能を探します。
冒頭に#が付いている行は,次のコマンドが置き換えるものを説明するコメントです。
たとえば、Airport Environment HDの新しい燃料タンクを見たくない場合は,次のコメントを探してください。
# Large fuel tanks
そのコメントの下にあるEXPORTコマンドのすべての行を削除します。
その後,library.txtファイルを保存します。
すべてのライブラリ追加機能を使わないという場合は,library.txtファイルを編集するのではなく,インストール時にフォルダやファイルをコピーしないようにしてください。

このパッケージの導入に当たっての注意

このパッケージを導入していて,テクスチャーの質感を最大限表現する設定にしたとき,グラフィックカードのRAMが少ない場合,かなりのフレームレートの低下があります。
私の場合4GBで,FRが15程度まで低下しました。
しかたがないので,質感を下げる設定にして30程度まで回復させました。

まとめ

風景の改善は,当然ながらフレームレートの低下を招きます。
私は,シーナリーを改善するためにグラフィックカードを新調するのは,昔のFS貧乏まっしぐらという形になるのでいやな気持ちになります。
またフォトシーナリーについて衛星写真に雲が写っているときには,地表の山に白いテクスチャーが表示されることが判りました。
フォトシーナリーは,質感向上設定を高くしないと効果がなくフレームレート低下に影響します。
そのため,私は市街地部分に限定してフォトシーナリーを作る方法が判明するまで,インストールしないことにしました。
やはり,表示改善は自分の現在のハードウェアに見合ったものにとどめて,折り合いを付けるというのが現実的だと思います。

この記事は,次の製品を使用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク