スポンサーリンク

サンライズ塗装のクラシック747にフォトリアルな操縦席を導入する

JALのクラシック747のご紹介を続けましたが,今回は引退間近のサンライズ塗装機をご紹介します。

この機体に新たに見つけたフォトリアルコックピットを導入しました。

FS2004が登場した時期のクラシック747の標準塗装機を楽しみましょう。


引退間近のサンライズ塗装B747-300

FS2004のデフォルト747は400型ですが,FS2004が登場した時期にも300型も就航していました。

クラシック747にも,JALサンライズ塗装機があります。

JAL B747-300 (JA8186) by F.M.Chang. Photo from flickr

FS2004用のJAL B747-300 Sunrise

データファイルのダウンロードとインストール

機体データのダウンロード

データはFlightsim.comから”jal743v4.zip”というファイルをダウンロードします。

この機体データは,基本的な要素を網羅したデータなのですが,無印です。

機体データの構成

ダウンロードしたファイルを適当な場所で展開します。

展開してできた”jal743v4”フォルダーの中にある”JAL_747-300V4”というフォルダーをFS2004のAircraftフォルダーにコピーすれば,とりあえず飛ばすことができます。

しかし,操縦席は400型のものですし,サウンドも適合していません。

先にご紹介した”Riso’cha”の”panel”と”sound”フォルダーをコピーしてくれば,一応体裁が整います。

乗り込む前からリゾート気分
旅客機のスペシャルマーキングは,今ではそれほど珍しいものではありません。 現在では機体全体を覆うようなマーキングも珍しくありません。 JALが,1994年から会社を挙げてリゾートキャンペーンを行ったときにB747-300に施した特別塗装が”Reso'cha”で...

今回は,”Riso’cha”で使ったクラシックコックピットとは少し違うフォトリアルコックピットを導入します。

操縦席データのダウンロードと導入

新しく導入するデータは,Flightsim.comから”boeing_747_100_200_300_panel.zip”というファイルをダウンロードします。

Flightsim.comから引用

このデータは,慣性航法装置を備えたクラシック747用のフォトリアルコックピットです。

また,このファイルには先に紹介したVMAXのB747-200に使用されたクラシック747用のサウンド定義ファイルが含まれていますので,この定義ファイルを使う場合にはB747-200のインストールを先に済ませておいてください。

操縦が難しい?クラシック4発機
最近のグラスコックピットに目が慣れてくると,少し前の世代の機体の操縦席を見ると果たして操縦できるだろうかと思うことがあります。 最近まで飛んでいたハイテク機B747-400の操縦席が当たり前の私たちにとって,航空機関士が乗務していた初期型のB747-200の操縦席は...
VMAXのB747-200の操縦席データはそのままではB747-300で使うことはできません。

ダウンロードしたコックピットデータファイルを適当な場所で展開します。

展開したフォルダー”Boeing_747_100_200_300_ Panel”を開きます。

中にある”panel_analog”フォルダーと”sound”フォルダーを”JAL_747-300V4”にコピーします。

つぎに”guages”フォルダーをfs2004のメインフォルダーにコピーします。

重複したファイルがあった場合は,新しい方を残してください。

”Boeing_747_100_200_300_ Panel”内には4つのパネルデータが含まれています。
ifrという名前の付いたパネルは,マルチスクリーン用,tapesという名前のファイルは,アナログメータが少し異なるバージョンです。

JAL_747-300V4”内の”panel”フォルダーを削除し”panel_analog”フォルダー名を”panel”に変更します。

ついでに,aircraft.cfgを編集して”atc_id=1”を”atc_id=JA8186”に修正しておきましょう。

これで機体の構成は終了です。

JAL_747-300V4”フォルダーをFS2004のAircraftフォルダーにコピーすれば導入作業は終了です。

FS2004での表示

フライトの作成画面

この機体は航空機メーカーは”Project Opensky”,機種は”747-300”,バリエーションは”Japan Airlines”,コールサインは修正した”JA8186”になっています。

フォトリアルな操縦席

導入した操縦席は,VMAXのB747-200の操縦席にそっくりです。

サブパネルは,Shiht+1~9で表示できます。

なお仮想コックピットはありません。

しかし,このコックピットには”Hot spot”というおもしろい仕掛けが装備されています。

操縦席内でマウスカーソルを動かすと指の形に変化する箇所があります。

そこをクリックするとパネルの一部を拡大表示するようになっています。

右側のMCP部分をクリックすると下の写真のようにMCPが拡大表示されます。

下側でクリックすると正面パネル下部が表示されます。

左下部をクリックすると視野がパネル下部に少し寄った表示になります。

また正面を表示しているとき,Numlockしてテンキーを押すと操縦席周りを表示することができます。

真後ろを表示するとアッパーデッキ内が表示されるのが面白いと思いました。

滑走路上の機体

JA8186は,国際線機材として就航していたようですから,JA8163と同じヒースロー空港に駐機しました。

まとめ

今回もJALのクラシック747の塗装バリエーションをご紹介し,併せて高機能なフォトリアルな操縦席のご紹介をいたしました。

今回の記事は,いろいろなパーツを組みあわせて自分好みの機体を構成できるという,FS2004の一つの楽しみかたのご紹介にもなればいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク