スポンサーリンク

乗り込む前からリゾート気分

旅客機のスペシャルマーキングは,今ではそれほど珍しいものではありません。

現在では機体全体を覆うようなマーキングも珍しくありません。

JALが,1994年から会社を挙げてリゾートキャンペーンを行ったときにB747-300に施した特別塗装が”Reso’cha”です。

鳥とハイビスカスをあしらった,乗り込む前からトロピカル気分を味わうことができるすてきな塗装です。

この特別塗装機”リゾッチャ号”をFS2004に導入します。


南国の雰囲気を表現した特別塗装機”リゾッチャ”号

バブル景気が終わった1991年から3年過ぎた1994年,JALがリゾートキャンペーンを始めました。

このキャンペーンの中でB747-300が南国の雰囲気を演出する特別な塗装を施されて,ハワイグアム,サイパン,オーストラリア路線に就航しました。

この特別塗装は,機材の引退する2008年まで続きました。

JA8183 Reso’cha by RobertFrola. Photo from flickr

FS2004用のJAL B747-300 Reso’cha

データファイルのダウンロードとインストール

機体データのダウンロード

データはFlightsim.comから
os74jalr.zip”というファイルをダウンロードします。

Flightsim.comから引用

機体データの導入と再構成

ダウンロードしたファイルを適当な場所に展開します。

展開してできた”os74jalr”というフォルダーを開きます。

この中に”POSKY JAL Reso’cha 747-300v4”というフォルダーがあります。

このフォルダー内の”effects”フォルダーをFS2004フォルダーにコピーします。

重複するファイルがある場合は,新しい方を残してください。

つぎにこの”POSKY JAL Reso’cha 747-300v4”フォルダーを,FS2004のAircraftフォルダーにコピーすれば作業は終わるはずなのですが,このまま起動するとどういうわけか操縦席がセスナ172になってしまう不具合が発生します。

Panel.cfgを見るとデフォルトのB747-400のパネルを使うようになっていました。

クラシック747ですから,操縦席もそれなりのものを用意しましょう。

この機体データは,VMAXではないので仮想コックピットを持ったクラシック747のデータは使えません。

そこで先にご紹介したB747-200Fの操縦席に導入したパネルを使うことにします。

飛ぶよりも地上の方が面白い飛行機
貨物機は,荷物を積むために地上でいろいろな場所が開きます。 B747の貨物機は,もともと軍用輸送機として開発されたことから,荷物の積み下ろしのために機首に大きなカーゴドアを持っています。 貨物機は,飛んでいるときよりも地上でカーゴドアを開け閉めする方が面白い飛...
操縦席データの導入

B747-200等のクラッシック747のパネルの導入については,すでに私が記事を書いていますからそれを参考にしてください。

3人乗務の気分が味わえるアナログコックピット
B747の300型以前のモデルには,航空機関士が乗務していました。 操縦室の電子化が進んでいなかったころは,機器類が多くなると機長と副操縦士だけではすべての機器を監視することが難しかったからです。 FS2004に導入した,B747SRは,日本国内線向けのB74...

B747クラッシックパネルをすでに導入済みの場合は,パネルを導入したB747-200Fの機体フォルダーからB747-300のフォルダーに”Panel”フォルダーを上書きコピーするだけでOKです。

サウンドの導入

さらにこの”Reso’cha”のサウンドデータは,B737-400のサウンドを使うようになっています。

そこでクラシック747のサウンドデータも,B747-200Fに導入したJT9Dのものを使うことにします。

サウンドを導入したB747-200Fの機体フォルダーからB747-300のフォルダーに”sound”フォルダーを上書きコピーするだけでOKです。

FS2004での表示

フライトの作成画面

この機体は航空機メーカーは”Project Opensky”,機種は”747-300”,バリエーションは”Japan Airlines ‘Reso’cha’ JA8183”,コールサインは”JA8183”になっています。

操縦席の画面

導入したクラシック747の操縦席です。

仮想コックピットは,ありません。

滑走路上の機体

実は,このリゾッチャ号が登場する以前,私は新婚旅行で伊丹空港からグアムにB747で飛びました。

機種を確認する余裕はなかったのですが,リゾート気分の旅行なら,やはり思い出のある伊丹からと恥ずかしながら考えてしまいました。

まとめ

JALのクラシック747にもいくつかの塗装バリエーションがあります。

FS2004を楽しむコレクターの心理で,懐かしく思い,これらをそろえたいなあと考えてしまいました。

そこで,後ほど”初期塗装”と”サンライズ”の2つの塗装機をご紹介する予定です。

そのため,導入したフォルダー名を”B743_JAL_POS”に変更して,リペイントデータを導入する準備をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク