スポンサーリンク

見つけましたサンライズ737-400

以前FS2004デフォルトのB737-400のサンライズ塗装機をリペイントの例に紹介しました。

塗装はよかったのですが,文字が鏡文字になっていて残念でした。

今回,ちゃんと表示されるサンライズ塗装のB737-400を見つけることができたのでご紹介します。


FS2002用として提供されていたJTAのサンライズB737-400

B737-400については,FS2004のユーザーには何も説明はいらないと思います。

デフォルトの機体に含まれていて,ジェットライナーの習熟に飛ばすことが当たり前の機体だからです。

B737-400は,日本国内では主に日本航空(JAL)と日本トランスオーシャン航空(JTA)で使用されました。

JTAでは,日本航空と同じサンライズ塗装をまとって,ロゴだけがJTAと記載された機体が活躍していました。

B737-4K5(JA8953) by Hideyuki KAMON. Photo from frickr

デフォルトB737-400用のリペイントデータを紹介したとき,塗装はよかったのですが,文字が鏡文字になっていて残念でした。

デフォルト737-400にJALリペイントデータをインストールする
デフォルトのエアラインの塗装は,いかにも架空ですよというものです。 実際に日本の空を飛ぶときには,やはり国内の航空会社の塗装で飛びたいですね。 そこで,デフォルトのB737-400にJAL塗装を施してみました。 私は,しばらく塗装データを導入する...

今回調査を進めていく中で,FS2002用の塗装データの中にサンライズ塗装のJTA機を見つけることができました。

幸いなことに,この塗装データの基本機体データがFS2004用に提供されていたことから,問題なくFS2004に導入することができました。

FS2004用機体のダウンロードとインストール

ファイルのダウンロード

塗装データと基本機体データをFlightsim.comからダウンロードします。

実は,塗装データはタイトルがFS2002用となっていたので見逃していたのです。

塗装データファイル名は”jtanc734.zip”です。

flightsim.comから引用

基本機体は,塗装ファイルの中にある”Readme.txt”の内容からFFXの機体を探しました。

使用した基本機体データは,”n703as.zip”です。

このデータは,アラスカ航空の機体です。

flightsim.comから引用

機体データの組み立て

塗装データファイルを展開すると,”jta_nc734”というフォルダーができます。

Aircraftフォルダーに入れたときわかりにくいので”JTA_Sun734”としました。

このフォルダーに,”n703as.zip”を展開したフォルダー”N703AS“から必要なデータをコピーして組み込みます。

必要なデータは,”model“,”panel“,”sound“の3つのフォルダーと”aircraft.cfg“,”Boeing737-400.air“の2つのファイルです。

aircraft.cfgの編集

コピーしたaircraft.cfgファイルをメモ帳で開きます。

そして”JTA_Sun734”内にある”Readme.txt”の定義内容を組み込みます。

私は,アラスカ航空機は不要だったので,その定義部分と置き換えました。

作成したaircraft.cfgをここからダウンロードできるようにしておきました。

機体選択画面

航空機メーカーは”Boeing”,機種は”737-400 – FFX”,バリエーションは”Japan Transocean Airlines”,コールサインは”JA8953″です。

操縦席画面

操縦席は,デフォルト機のB737-400の流用です。

仮想コックピットはありません。

滑走路上の機体

羽田~那覇線の主役の座をになっていた機体ですから,羽田空港に駐機することにしました。

沖縄を目指して,東京都内上空を旋回してみました。

まとめ

FS2004は,かつて活躍した塗装機をコレクションする楽しみを与えてくれます。

その楽しみを助けてくるのは,先輩のFS2002であり後輩のFSXです。

先輩と後輩のデータを利用し,FS2004で使えるよう工夫すれば,FS2004で機体コレクションをすることが可能です。

私の国内航空会社のFS2004機体コレクションもかなり集まってきていますので,全く更新が止まっている日本のエアライナー調査室のページを更新しないといけないなと考えました。

その際には,構成も考え直して使いやすいものに更新したいと考えております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク