スポンサーリンク

日の丸ジャンボ最後のお披露目

日本国内に最後に残ったB747といえば,政府専用機のB747-47Cです。

この機体も,2018年度で退役するのだそうです。

旅客機ではないのですが,日本のために働いた機体を記憶にとどめるためにFS2004に導入します。


日の丸を尾翼に掲げる日本国政府専用機

ネットニュースで2018年7月22日に北海道千歳基地祭で,政府専用機のB747が最後のデモフライトを行ったとの記事が掲載されました。

 7月22日、航空自衛隊 千歳基地で「千歳基地航空祭」が開催されている。この千歳基地航空祭で人気があるのは、ほぼ例年参加する航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」と、政府専用機のデモフライト。

日本政府の仕事で,世界のあちこちを飛び回った機体です。

政府要人の他,海外からの邦人救出にも活躍しました。

1991年にJA8091,8092の登録番号で導入され,自衛隊機として20-1101,1102に変更されました。

この機体も,さまざまな事情で2018年度で退役するのだそうです。

なお政府専用機については,Wikipediaに詳しくまとめられています。

20-1101 B747-47C by Maicolm Nason. Photo from flickr

FS2004用の日本国政府専用機

データのダウンロードとインストール

データファイルのダウンロード

Flightsim.comから”jaf744v4.zip”というファイルをダウンロードします。

Flightsim.comから引用

機体のインストール

この機体データは,青いBマークは付いていませんが,基本的なパッケージとなっているのでインストールは簡単です。

ダウンロードしたファイルを適当な場所で展開します。

展開してできた”JASDF_744V4”フォルダーをFS2004のAircraftフォルダーにコピーすれば,機体のインストール作業は終了です。

FS2004での表示

機体選択画面

航空機メーカーは”Project Opensky”,機種は”747-400″,バリエーションは”JAPAN AIRFORCE”となっています。

私としては,バリエーション定義データを修正したい気持ちですが,これが正式な英語名称なのですね。

操縦席画面

2DパネルはデフォルトのB747-400のパネルです。

仮想コックピットはありません。

特徴があるのは,ウイングビューが数種類定義されていることです。

このウイングビューの定義は,他のB747-400でも使えそうです。

さまざまなウイングビューを見ることができます。

滑走路上の機体

機体を北海道千歳基地に駐機しました。

機体にはWiFiアンテナ装備も表現されています。

まとめ

日本国政府専用機の塗装は,昔のJALの塗装を思い起こさせるスッキリとした塗装です。

実機はもうすぐ思い出になってしまいますが,FS2004のなかで飛び続けてもらうことにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク