スポンサーリンク

オーストリア生まれでカナダ育ちの安定性抜群の軽飛行機

KATANAという軽飛行機があります。

この飛行機は,オーストリアで開発され,カナダで開発が継続されました。

非常に軽量で,モーターグライダーのような特性を持っていて安定した飛行ができるため訓練機としても多数採用されています。

スタイリッシュな低翼機であるこのDA-20A1をFS2004に導入します。


軽量だけど安定感抜群のDA-20 KATANA

DA-20 KATANAは,滑空比11:1というグライダー並みの性能を持ちます。

そしてプロペラは,珍しい固定ピッチです。

機体は,大部分が強化プラスチック製で軽量で安定感抜群なため訓練機として多数採用されています。

また,主翼の設計が安定飛行を目的に設計されているため,失速しにくいようになっています。

DA-20 by Jerzy. Photo from flickr

FS2004のKATANA

FS2004用機体データのダウンロードとインストール

塗装と機体ファイルのダウンロード

機体データをFlightsim.comからダウンロードします。

ファイル名は”katffc24.zip”です。

このデータは,Flightsim.comで受賞歴のあるデータです。

Flightsim.comから引用

機体のインストール

この機体データは,青いBマークが付いている基本的なパッケージとなっておりインストールが簡単な機体です。

ダウンロードしたファイルを適当な場所で展開します。

展開してできた”katffc24”フォルダーを開きます。

これを開いて中にある”aircraft”,”effects”,”guages”フォルダーをFS2004のメインフォルダーにコピーします。

重複したファイルがあった場合は新しい方を残してください。

これで,機体のインストール作業は終了です。

FS2004での表示

機体選択画面

航空機メーカーは”Diamond”,機種は”Katana”,バリエーションは”Franfurt Flying Club D-EDDF”と”Franfurt Flying Club D-EXDA”の2種類です。

操縦席画面

操縦席はデフォルトセスナを基調としたパネルですが,オリジナル計器もあります。

操作アイコンが充実していて,操作しやすく仕上がっています。

実機の画像と比べると,比較的よく再現されていると思います。

もっとも,資料によると実機もパネルにいろんなバリエーションがあったようです。

DA-20の操縦席by Texas Flyer. Photo from flickr

仮想コックピットも装備されています。

滑走路上の機体

機体を機体のバリエーションにあわせてフランクフルト空港に駐機しました。

特徴ある風防も,きちんと動作します。

乗機しているサングラスのパイロットが,自分のような年齢に思えて親近感があります。

まとめ

飛行するとすぐにわかるのですが,この機体は実機同様非常に安定感があります。

操縦桿を離すと自然に水平飛行に戻ります。

こういう機体の操縦を経験すると,VFRが楽しくなります。

そして自分好みのオリジナルリペイントデータを作りたくなりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク