スポンサーリンク

全日空が日本航空のDC-4に対抗して導入した与圧キャビン搭載機

1959年に全日空がコンベアCV440を導入しました。
全日空は,日本航空が導入したDC-4に対抗しCV440が快適な与圧客室を備えていることをアピールしました。

CV440は,コンベアのCV240,340の最大離陸重量増強型でCVシリーズの中で最長の機体です。

この機体を,FS2004で飛ばしてみましょう。


戦前戦中に開発された機体と一線を画した新型機

戦後日本の空を飛んだ,DC-3やDC-4という機体は戦前戦中に開発された輸送機を改良した機体,いわば旧世代の旅客機でした。

全日空が導入したCV440は,戦後にコンベア社がCV240以降シリーズで開発した新型機でした。

特徴は,与圧客室を備えていることです。

全日空は,日本航空のDC-4に対抗して与圧客室が快適性にすぐれていることをアピールしました。

CVシリーズは,国内各社で広く使われたようで私の地元広島でも東亜航空のCV240が飛んでいたようです。
この機体は,別の機会にご紹介します。

”convair_440_ana.zip”に同梱の画像を引用

上の画像の実機写真も公開されています。

FS2004のANA CV440

FS2004用機体データのダウンロードとインストール

塗装と機体ファイルのダウンロード

この機体を構成するのは少し面倒でした。

塗装データ,基本機体データ,操縦席とサウンドデータが別々になっていたからです。

塗装データ

Flightsim.comから”convair_440_ana.zip”というファイルをダウンロードします。

Flightsim.comから引用

基本機体データ

基本機体データは,”cv-440.zip”というファイルを”California Classic Propliners”からダウンロードします。

トップページの右側にある”The Planes”をクリックし,出てきた機体からCV-240/340/440 CV-580をクリックします。

日本語に翻訳した”California Classic Propliners”の機体リスト画面

出てきた画面の中の”CV440 Base Pack”をダウンロードします。

機体の画像がダウンロードリンクになっています。

操縦席とサウンドデータ

同じページ内にあるCV-340の機体に操縦席とサウンドデータが入っていますので,このデータ”cv-340.zip”をダウンロードします。

ANAのCV440機体フォルダーを構成する

操縦席とサウンドデータを取り出す

まず操縦席とサウンドデータデータであるCV340.zipを展開します。

出てきたフォルダー”cv-340”の中にある”Setup.exe“をクリックして実行し,FS2004にCV-340の基本機体データをインストールします。

インストール先は,FS2004のメインフォルダーを指定します。

インストーラーにはWindows10で互換性設定をしなくても大丈夫です。

FS2004のAircraftフォルダーにパネルデータの”340pnlKMCC”,サウンドデータの”PropSound”,と,機体データの”cv-340”という3つのフォルダーができます。

CV-440機体データを取り出す

つぎに,CV440.zipを展開します。

CV-340の時と同様,出てきたフォルダー”cv-440”の中にある”Setup.exe“をクリックして実行し,FS2004にCV-440の基本機体データをインストールします。

インストールされたデータを別の場所に移す

このまま機体構成を行うと,機体ごとの整理ができなくなるので,いったんインストールされたデータを別な場所に移します。

私は,”ANA_CV440_pjt”というフォルダーを作って,ここに機体フォルダー,パネルデータ,サウンドデータを移しました。

機体を構成するフォルダーを作る

機体を構成するフォルダーに”CV-440”を使います。

ANA以外のデータは不要ですから削除します。

そして,塗装データである”convair_440_ana.zip”を展開してできた”convair_440_ana”から”model”,”texture.ja5053”フォルダーをこのフォルダーにコピーします。

つぎに,パネルデータフォルダーの”340pnlKMCC”,サウンドデータの”PropSound”フォルダーを”CV-440”内にコピーします。

340pnlKMCC”を”panel”に,”PropSound”を”sound”と名前を変えます。

aircraft.cfgの編集

CV-440”内にある,aircraft.cfgを編集します。

編集内容は,元のファイル内にある機体定義データをANAのものに置き換えます。

置き換えるデータは,”convair_440_ana”内にある”Read.me.txt”です。

この定義にあるテクスチャーファイル名に誤りがあるので”texture=ja5053”に訂正します。

編集後のaircraft.cfgファイルをここからダウンロードできるようにしておきました。

FS2004に構成した機体フォルダーをコピーする

CV-440フォルダーの名前を”ANA_CV440”に変えて,FS2004のAircraftフォルダーにコピーすれば,インストールは完了です。

FS2004での表示

機体選択画面

航空機メーカーは”Convair”,機種は”CV-440 Metropolitan”,バリエーションは”ALL NIPPON AIRWAYS JA5053″です。

操縦席画面

操縦席はワイドサイズのオリジナルパネルで,仮想コックピットも装備されています。

2Dパネル

仮想コックピット

またコックピットビューもあります。

パネルには豊富な機能があるので,付属している説明書を読むことをおすすめします。

Panelフォルダー内に”CV-340 PANEL OPERATIONS”というフォルダーがありhtmファイルで書かれていますので,翻訳して日本語で読むことができます。

滑走路上の機体

ANAのCV-440は,東京から伊丹,名古屋間で運航されたので機体を出発地の羽田に駐機しました。

1950年代の羽田空港データがあります。現在の空港とワンタッチで交換することはできませんがシーナリーライブラリで切り替えれば表示可能なので,後ほどご紹介します。
少し飛行して富士山の南側を目指しました。
なんだかのんびりしていて良い雰囲気です。

まとめ

調べてみると往年のクラシック・エアライナーがたくさんあるので,楽しめるようになってきました。
羽田や伊丹の空港シーナリーも変更したらもっと楽しめるかもしれませんので調べてご紹介しようと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク