スポンサーリンク

飛ぶよりも地上の方が面白い飛行機

貨物機は,荷物を積むために地上でいろいろな場所が開きます。

B747の貨物機は,もともと軍用輸送機として開発されたことから,荷物の積み下ろしのために機首に大きなカーゴドアを持っています。

貨物機は,飛んでいるときよりも地上でカーゴドアを開け閉めする方が面白い飛行機です。

ギミックを楽しむということで,少し古いのですがJALCARGOのB747-200Fベアメタル機をFS2004で楽しみましょう。


ベアメタル塗装のJAL CARGOのB747-200F

今までいろいろな貨物機をご紹介してきました。

これまで,貨物機についても機種に注目してきましたが,少し趣向を変えてギミックに目を向けたいと思いました。

なぜなら,貨物機は地上においていろんな場所が開くからです。

今回ご紹介するのは,日本でベアメタル塗装を採用したJAL CARGOのB747-200Fです。

ベアメタル塗装機は,全く塗装して異な訳ではなく透明ポリウレタン塗装をしています。

けれども通常塗装の機体よりも軽いことは確かで,その分貨物をたくさん積めるというわけです。

JAL CARGO B747-200F (JA8180) by George Lau. Photo from flickr

FS2004用のJAL B747-200F

データファイルのダウンロードとインストール

機体データのダウンロード

データはFlightsim.comから
po742jlc.zip”というファイルをダウンロードします。

機体データの構成

ダウンロードしたファイルを適当な場所に展開します。

展開してできた”Posky B747-200 JAL CARGO”というフォルダーを開きます。

開いたフォルダーには,一応”Panel”と”Sound”フォルダーがあります。

しかしながら,このフォルダー内に記載されているファイルは,パッケージ内に見当たりません。

この理由で,Flightsim.comのデータに青いBマークや基本機体構成ができているという黄色いチェックマークが付いていなかったのでしょう。

それでは,必要なデータをそろえることにします。

それから導入前に”Panel”と”Sound”フォルダーのバックアップを取っておいてください。

操縦席データの導入

B747-200等のクラッシック747のパネルの導入については,すでに私が記事を書いていますからそれを参考にしてください。

B747クラッシックパネルをすでに導入済みの場合は,パネルを導入した機体フォルダーからB747-200Fのフォルダーに”Panel”フォルダーをコピーするだけでOKです。

3人乗務の気分が味わえるアナログコックピット
B747の300型以前のモデルには,航空機関士が乗務していました。 操縦室の電子化が進んでいなかったころは,機器類が多くなると機長と副操縦士だけではすべての機器を監視することが難しかったからです。 FS2004に導入した,B747SRは,日本国内線向けのB74...
サウンドの導入

JAL CARGOのB747-200Fはプラット&ホイットニーのエンジンです。

このエンジンサウンドをFlightsim.comからのダウンロードします。

ファイル名は,”fs9_jt9d_b747_classics_fd_v1.zip”です。

サイズが大きなファイルですから,少しダウンロードに時間がかかります。

Flightsim.comから引用

ダウンロードしたら,展開したフォルダー”fs9_jt9d_b747_classics_fd_v1”内にある”Sound”フォルダーをB747-200Fのフォルダーにコピーします。

FS2004での表示

フライトの作成画面

この機体は航空機メーカーは”Boeing”,機種は”747-200F”,バリエーションは”JAL CARGO”

コールサインは”1”になっています。

機体番号は”JA8180”ですから修正すると良いでしょう。

操縦席の画面

先に導入したクラシック747の操縦席です。

仮想コックピットは,表示されません。

貨物ドアを動かす設定

この機体は,胴体下部の貨物ドアと機首のカーゴドアが開くように作成されていますが,このギミックを動かすためにはキー割り当てが必要です。

機体ドキュメントに,胴体下部の貨物ドアを”着艦フック-上げ下げ”に,機首のカーゴドアを”翼 展開/折り畳み”に設定しているので,キー割り当てを行うようにとの指示があります。

そこで,まず”着艦フック”のキー割り当てを行います。

空いている”Ctrl+Shift+E”に”着艦フック-上げ下げ”を割り当てました。

つぎに機首カーゴドア用に”翼 展開/折り畳み”を”Ctrl+Shift+R”に割り当てます。

貨物ドア動作の確認

2つのギミックの動作確認をしましょう。

まず胴体下部の貨物ドアです。

Ctrl+Shift+E”でちゃんと開閉できました。

つぎに,機首のカーゴドアです。

Ctrl+Shift+R”で開閉できるようになりました。

開閉動作はゆっくりとしていて楽しめますし,機体内部の荷物も確認できます。

まとめ

この機体は,飛ばして楽しむよりもギミックを楽しむ機体でしょうか。

まあ,FS2004の画面に”着艦フック”と”翼の折り畳み”と表示されるのは我慢しましょう。

しかし,サウンドもグレードアップしていますし,飛ばさないのはもったいないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク