スポンサーリンク

X-Plane11輸入版のマニュアルは日本語で読めます

X-Plan11輸入版を購入し,日本語で表示できるようにしましたが,パッケージにマニュアルは付いていませんでした。

おそらくどこかにオンラインマニュアルがあるだろうと探してみたら,ちゃんとありました。

しかも,日本語で読めるのです。

あまりに簡単なので,紹介するのもためらわれたのですが,これからX-Plane11を購入しようか検討されている方に読んでもらいたくて記事にすることにしました。


X-Plane11導入日記(その8)

X-Plane11輸入版のマニュアルは日本語で読めるオンラインマニュアルです

X-Plane11は多言語対応になっています。

日本語は,デフォルトで選択できるので,すぐに日本語化できました。

しかし,使い方はフライトスクールしかないのかなと思っていたら,ちゃんとマニュアルが付いていました。

しかも,日本語で読める状態になっています。

簡単な方法なので,「なあんだそんなこと!」と言わないでくださいね。

マニュアルはインストールされたフォルダー内にあります

X-Plane11のマニュアルは,X-Plane11をインストールしたフォルダーの中にあります。

場所は,”Instructions”というフォルダーの中です。

このフォルダーを開くと”X-Plane Manual.htm”というファイルがあります。

これを,ダブルクリックして表示します。

マニュアルを日本語表示させる

当然ながら開いたマニュアルは,英語で書かれています。

しかし,このマニュアルはhtmファイルですから,ブラウザの翻訳機能を使って”日本語表示”させることができます。

Google Chromeであれば,画面内で右クリックし”日本語に翻訳(T)”を選択するだけで日本語表示に変わります。

目次も日本語ですし,ジャンプリンクも機能します。

輸入版といえども,日本語版X-Planeといって良いくらいです。

日本語表示されたマニュアル

飛行機を作ろうとする方へのマニュアルも日本語化できます

”Instructions”フォルダーには,”Plane Maker Manual.html”と”Airfoil Maker Manual.html”という2つのファイルがあります。

これらのマニュアルは,X-Plane11で航空機を作ろうとする方のためのマニュアルです。

htmlで書いてあるので,もちろん日本語で読めます。

まとめ

どうしようもなく簡単なことなので,紹介するまでもないのかなと思いましたが,私自身がこのことに気がついたのが,ついこの間だったので紹介することにしました。

日本語マニュアル付きならX-Plane11を購入しようと考えておられる方に,輸入版でOKですよと言えますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク