スポンサーリンク

樽材を使った文具が宝物です

「ピュアモルト」シリーズがお気に入りなんです

三菱鉛筆が発売してきた,樽材を使った文具シリーズ「ピュアモルト」があります。

この「ピュアモルト」シリーズの文具は,指に当たる部分に樽材を使ったというのが 特徴です。


この「ピュアモルト」を 何故気に入ったのか…

それは,私がウイスキーが好きだから,というのもありますが…

本当のところは,指が当たる部分の質感が たまらなく気持ちが良いんです。

・・・という理由をつけて,私はシリーズのほとんどを集めてしまいました。

キャップ式ボールペンキャップ式シャープペンシルは,レトロ感がたっぷりです。

書きはじめるまでに,キャップを取って,はめ込むという2アクションが必要です。

忙しく書き始めるのであれば,まだるっこさがあります。

けれども,ゆったり感を演出できる というのは 売りどころでしょう。

デスクトップボールペンは,普通のひとは使わないだろうなー と思います。

つれあいにも,「そんなものどこで使うの?」と言われてしまいました。

けれど,私は書斎机の上の一品として デスクアクセサリーとして使っています。

芯ホルダー,これには樽材で作った芯削りまで付属していました。

芯ホルダーなどは,よほど好きな者でなければ購入しないでしょう。

このホルダーは,アイデアを絞るとき,私をゆったりとした気分に導いてくれるんですよ。

残念ながら,芯削りは刃がだめになって使えなくなりましたが,捨てるには惜しくて修理できないかと思っているところです。

最後に,仕事用の5in1ペンがあります。

4色ボールペンと,0.5mmシャープペンシルが1つの軸に組み込まれています。

このペンは,プラスチック軸の普及タイプも 販売されています。

私は,仕事用に胸ポケットに入れて使っていました。

今では傷だらけになっていますが,ふだん使い用に 机の上のペンホルダーにいれています。

このピュアモルトシリーズの文具は,今では廃番になったものも あるようで残念です。

そして,あえて欲をいえば,キャップ式ボールペンとデスクボールペンの替芯に,同社から出ているジェットストリーム仕様を用意して欲しいところです。

5in1ペンは,すでにジェットストリーム仕様の芯になっているので,ふだん使いには支障が無いのですが,ゆったりとした時間を過ごすとき,なめらかな書き味のボールペンが欲しいと思ってしまうのは贅沢なんでしょうか。

欲を言えば切りがないですが,希望は ちゃんと書いておいて,三菱鉛筆さんの耳にとどけば良いなと思います。

幸いにも,今使っている ペンの替芯や補充品は 途切れる心配は無いようですから,大事に使っていきたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク