スポンサーリンク

X-Plane11に空港シーナリーをインストールには準備が必要です

X-Plane11に使える日本国内の空港データがたくさんあります。

そのうちの大多数が,共通のライブラリデータを先にインストールするよう求めています。

そのデータを,ダウンロードしWindows10上のX-Plane11に空港データを導入する準備をしました。


X-Plane11導入日記(その6)

X-Plane空港シーナリー導入に必要な”OpenSeceneryX”をインストールする

X-Plane11に使える日本国内の空港データがたくさんあります。

そのうちの大多数が,共通のライブラリデータである”OpenSeceneryX”を先にインストールするよう求めています。

私の地元,広島空港のデータもその一つです。

このデータを,Windows10にインストールしX-Plane11に空港データを導入する準備をしましょう。


”OpenSeceneryX”のダウンロードとインストール

データのダウンロード

OpenSeceneryXは,Flightsim.comとX-Plane.orgを窓口にしてダウンロードすることができます。

窓口というのは,2つのサイトからOpenSeceneryXサイトへのリンクが張られているからです。

探しやすいFlightsim.comからのダウンロードを例に説明します。

ファイル名”opensceneryx.zip“で検索してください。

Flightsim.comから引用

Download”のリンクをクリックしましょう。

いつものダウンロード開始のボタンをクリックすると,OpenSeceneryXサイトにジャンプします。

このページをスクロールしていくと”Download”という項目の中に,”Windows Installer”という項目がありますので,これをクリックすればインストーラーがダウンロードできます。

OpenSeceneryXのインストール

ダウンロードしたファイルは”OpenSceneryX-Installer-Windows.zip”という2.7MBの小さいファイルです。

これを展開すると”OpenSceneryX Installer”というフォルダーができます。

これを開くと,中にexeファイルのインストーラーが入っています。

これを管理者権限で,実行します。

なお互換性設定は,不要でした。

インストーラーは,実行途中でX-Planeをインストールしているフォルダーを聞いてくるので,間違えずに指定しましょう。

あとは,導入を進めていくだけです。

インストールには,ネットワーク上にあるデータをダウンロードしながら進めていくので,結構時間がかかります。

インストーラーの実行画面

無事終了すれば,完了の画面が表示されます。

“scenery_packs.ini”への記述について

インストール後に”scenery_packs.ini”を見てみると,記述の一番上に”OpenSeceneryX”が入っていました。

優先順位として一番上に書いておく必要があるということなのでしょうか。

Aerosoftの空港シーナリー定義よりも前にあるということで,フリーウェアの空港シーナリーは,この”OpenSeceneryX”の記述の次に書いていくことになります。

しかしながら,あるフリー・シーナリーのインストール記事をみると,”OpenSeceneryX”の記述がscenery_packs.iniの一番最後においてあるものがありました。

定義ファイルの最後あたり,高解像度地形データの前に”OpenSeceneryX”の記述をおいても問題がないことを検証しました。
このことは,別記事で報告します。
I
1000 Version
SCENERY

SCENERY_PACK Custom Scenery/OpenSceneryX/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Aerosoft - LSZA Airport Lugano/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Aerosoft - EDDF Frankfurt/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Aerosoft - EDLP Paderborn-Lippstadt/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Aerosoft - EGLL Heathrow/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Aerosoft - LFMN Nice Cote d Azur X/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Aerosoft - LFPO Paris Orly/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Aerosoft - LPFR Faro/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Aerosoft - EDLV Airport Weeze/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Aerosoft - LFBO Airport Toulouse/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Global Airports/
SCENERY_PACK Custom Scenery/KLAS Las Vegas Mc Carran/
SCENERY_PACK Custom Scenery/KSEA Demo Area/
SCENERY_PACK Custom Scenery/LOWI Demo Area/
SCENERY_PACK Custom Scenery/X-Plane Landmarks - London/
SCENERY_PACK Custom Scenery/X-Plane Landmarks - Sydney/
SCENERY_PACK Custom Scenery/zzz_uhd_global_scenery4/

まとめ

X-Plane11にシーナリーにおいては,共通ライブラリの存在が大きいようです。

FS2004シーナリーにもVODという共通テクスチャーデータがありましたが,X-Plane11のOpenSeceneryXは,それよりも大きな存在のようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク