スポンサーリンク

虹の次は日の出です

JASのMD-90はレインボーカラーをまとっていましたが,JALとの合併により徐々にJALカラーに塗り替えられていきました。

少しさみしい気もしますが,サンライズ塗装もまた一興ということで,FS2004に追加することにしました。


サンライズ塗装で10年活躍したJALのMD-90

2003年3月から16機のMD-90は,順次JALサンライズ塗装になりました。

JA005Dは,最初にサンライズ塗装に塗り替えられた機体です。

JAL MD-90 (JA005D) by ken H. Photo from flickr

そしてJALのMD-90は,2013年3月末をもって運航を終了しました。

有終の美を飾ったのが,JA8070で一機だけ鶴丸塗装に塗り替えられたものの4ヶ月で退役しました。

JAL MD-90 (JA8070) by hideki oda. Photo from flickr

FS2004用機体のダウンロードとインストール

ファイルのダウンロード

機体データをFlightsim.comから”md90jal2.zip”というファイルをダウンロードします。

Flightsim.comから引用

実は,このファイル単独でもインストールできるようになっているのですが,操縦席はデフォルトのB737-400となっています。

せっかくフォトリアルコックピットを備えたJASのMD-90といういい先例があるのですから,JAS機体のフォルダーに組み込むことにしました。

塗装データの組み込み

ダウンロードしたファイルを適当な場所で展開します。

展開して出来た”McDonnell Douglas MD90 JAL”の中にある”texture.jal”というフォルダーを JASレインボーカラーの機体を入れた”McDonnell_Douglas_MD90”にコピーします。

そしてaircraft.cfgファイルに,つぎのテキストにあるサンライズ塗装の定義部分を追加します。

[fltsim.6]
title=McDonnell Douglas MD-90 JAL
sim=SGA MD_90
model=
panel=
sound=
texture=jal
checklists=
ui_manufacturer=McDonnell Douglas
ui_type=MD-90
ui_variation=JAL
description=McDonnell Douglas MD-90. Brand new model from SGA. Model/Texturing by Erick Cantu and FDE/XML by Fraser Turner. Thank you for supporting SGA!
atc_airline=JAL
atc_id=JA005D

ここに示したテキストは,”McDonnell Douglas MD90 JAL”の中にあるaircraft.cfgから抜き出して一部を修正したものです。

FS2004での表示

機体選択画面

航空機メーカーは”McDonnell Douglas”,機種は”MD-90″,バリエーションは”JAL”,コールサインは”JA005D”です。

操縦席画面はJASと同じですから省略します。

虹色の「七人の侍」
日本エアシステムが導入したMD-90には,虹をモチーフとした塗装が施されました。 デザインしたのは映画監督の黒澤明氏です。 これにちなんで7色のMD-90を「七人の侍」と呼び,8号機から16号機までを「影武者」と呼びました。 この虹色のMD-90のうち4...

滑走路上の機体

もともと羽田をベースに運航していた機体ですから羽田空港に駐機しました。

まとめ

DC-9シリーズの追っかけをしてみて結構長く使われてきたんだなと感じました。

胴体断面は,あの名機DC-8と同じなのだそうです。

ダグラスという会社がなくなってしまい,MD-90が退役したことで往年のダグラスのイメージを思い出させる機体がなくなってしまったということなんですね。

いろんな種類の旅客機が飛び交っていた時期があったなあと,懐かしく思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク