スポンサーリンク

最近まであった客席数38席の旅客機

ANAがビジネス需要が見込めるとして2007年に開設した国際線の新路線中部~広州線に就航しました。

この機体の2号機は,ビジネスクラスが38席のみという極端に少ない客席数でした。

順調に運行していましたが,乗客数の増加に伴い2016年3月末にムンバイ線がB787に切り替えられ,完全退役しました。

ボディペインティングで”Business Jet”と主張している,この機体の初号機をFS2004に導入します。


38席でも採算がとれた驚くべき贅沢仕様のB737-700ER

ANAがビジネス需要が見込めるとして2007年に開設した国際線の新路線中部~広州線に就航しました。

この機体の初号機JA10ANは,ビジネスクラスが24席,プレミアムエコノミーが24席の計48席という極端に少ない客席数でデビューしました。

そして2号機のJA13ANは,初号機よりも少ない38席でした。

長距離のムンバイ線で順調に運行していましたが,乗客数の増加に伴い2016年3月末にB787に切り替えられ,完全退役しました。

このような超豪華仕様の旅客機でも採算がとれるというのは,不思議なマーケットがあるものだと思います。

ANA Busuiness Jet (JA10AN) by Ikarasawa. Photo from flickr

FS2004用データのダウンロードとインストール

データファイルのダウンロード

Flightsim.comから”tds_b737-700er_ana_biz_ja10an.zip”というファイルをダウンロードします。

Flightsim.comから引用

機体のインストール

この機体データは,青いBマークは付いていませんが,基本的なパッケージとなっておりインストールが簡単な機体です。

ダウンロードしたファイルを適当な場所で展開します。

展開してできた”TDS B737-700ER ANA Business Jet JA10AN”フォルダーを開きます。

開くと同じ名前のフォルダー”TDS B737-700ER ANA Business Jet JA10AN”が出てきます。

つぎにこのフォルダーを開き,中にある”effects”フォルダーを,FS2004のメインフォルダーにコピーします。

重複したファイルがあった場合は,新しい方を残してください。

コピーしたら,”effects”フォルダーを削除してからフォルダーを閉じます。

このフォルダーをFS2004のAircraftフォルダーにコピーすれば,機体のインストール作業は終了です。

FS2004での表示

機体選択画面

航空機メーカーは”TDS”,機種は”737-700ER”,バリエーションは”ANA Business Jet”,コールサインは導入初号機の”JA10AN”です。

操縦席画面

パネルはデフォルトのB737-400のパネルです。

仮想コックピットはありません。

この機体にあうグラスコックピットがありますから,私の次の記事を参考に導入してください。

B737-700のグラスコックピットをグレードアップする
B737-700は,B737-200の後継としてANAが導入を進めていた機材です。 この2社のB737-700には先進のHUDを備えたグラスコックピットが導入されています。 FS2004のB737ー700に,このグラスコックピットをインストールします。 ...

滑走路上の機体

中部空港からムンバイへの国際線に就航していた機体ですから,中部空港に駐機しました。

まとめ

トヨタグループが,揃ってインド進出したために,このようなビジネス機が就航したのだと思います。

ムンバイ線は,活況で大型のB787に切り替わり,700ERの活躍は終わりました。

日本のインド・ビジネスが大型化していった9年間を支えたのが,700ERということなんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク