スポンサーリンク

国内線からデビューしたけれど短命だった3発機

JASが国際線進出のために用意したのが,DC-10です。

採用したのは,日本航空の機種と異なるA300と同系列のCF6-50C2エンジンを搭載しているDC-10-30です。

2機導入した国際線用機材ですが,国内線でデビューしました。

この異色の機体をFS2004で飛ばしてみましょう。


短命に終わったJASのDC-10-30

JAS(日本エアシステム)が国際線進出のために用意したのが,DC-10です。

採用したのは,日本航空の機種と異なるA300と同系列のCF6-50C2エンジンを搭載しているDC-10-30でした。

2機導入した国際線用機材ですが,国内線でデビューしました。

発着枠の関係や路線競合のため国際線デビューがおくれたものの,シンガポール線などの国際線に使われました。

ピーターパン塗装を施して国際チャーター便にも使われましたが,A300-600Rの導入で12年という短命でJAS籍を離れることになりました。

JALのDC-10-40,ANAのトライスターも短命でしたが,やはりJASも例外ではありませんでした。

DC-10-30 (JA8550) by Jan Buisman. Photo from flickr

FS2004用データのダウンロードとインストール

データファイルのダウンロード

Flightsim.comから”jasdc10.zip”というファイルをダウンロードします。

この機体は,2015年に提供された割と新しいデータです。

機体のインストール

この機体データは,青いBマークは付いていませんが,基本的なパッケージとなっておりインストールが簡単な機体です。

ダウンロードしたファイルを適当な場所で展開します。

展開してできた”JASDC10”フォルダーを開きます。

つぎに中にある”JAS_DC10”を開き,”FSX”というフォルダーを削除します。

削除が終わったら,”JAS_DC10”をそのままFS2004のAircraftフォルダーにコピーすれば導入作業は終了です。

FS2004での表示

機体選択画面

航空機メーカーは”McDonell Douglas”,機種は”DC-10-30″,バリエーションは”Japan Air system”,コールサインは導入2号機の”JA8551”です。

操縦席画面

パネルはデフォルトのB737-400のパネルです。

仮想コックピットはありません。

双発機のコックピットでは,雰囲気がでないので,DC-10用のパネルを組み込みましょう。

導入のやり方は,私の記事を参考にしてください。

本格的な慣性航法が学べるDC-10の操縦席
先にFS2004へJAL DC-10をインストールしましたが,表示された操縦席は,双発機のB737-400のセミグラスコックピットでした。 DC-10は,3人乗務のクラシックなコクピットだったはずです。 やはりここは,それなりのコックピットを組み込むことが必要...

組み込むと,こんな操縦席になります。

滑走路上の機体

国内線と国際線に就航していた機体ですから,羽田空港に駐機しました。

まとめ

JASのDC-10は,短い期間に塗装バリエーションが多かったという印象があります。

今回ご紹介した3色基本カラー,ピーターパン塗装そしてハーレクインエア塗装です。

私がまだ若い頃に旅客機模型のコレクションをしていたころ,3種類の塗装機に魅了され1/200スケールでこれらをコレクションしました。

けれども,飾る場所がないため,組み立てないまま売却したことを思い出しました。

やはり,コレクションはFS2004が一番だと思っている次第です(^^ゞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク