スポンサーリンク

航法計画書を作って楽しみませんか

フライトシミュレーターの楽しみかた (1)

Photo from flickr

航法計画書を作って楽しむ

フライトシミュレーターで遊ぶ方法は,たくさんあります。

フライトシミュレーターソフトは,計算,描画にコンピューターの性能を極限まで使うソフトウェアです。

最新のフライトシミュレータソフトウェアを快適に動かすためには,かなりの投資が必要です。

マイクロソフト社のFSXは,発売されてしばらくは まともに動かすことができないくらいでした。

けれども その前のバージョンであるFS2004なら,最近販売されている普通のコンピューターでも,快適に遊ぶことができます。

景色のグラフィックスを徹底して楽しむのでなければ,このバージョンでも十分楽しめます。

私の場合は,もともと地図読みが好きだったので,フライトプラン(飛行計画書)や航法計画書を作って遊ぶという楽しみ方をしていました。

きちんと決めたコースを,決めた高度で飛ぶシミュレーションなら,コンピュータの性能に左右されることは,ほとんどありません。

あまり投資をせずに,フライトシミュレーターを楽しんでもらえるよう,情報を提供していきたいと思います。

今回は,簡単に作ったフライトプランを発展させて,コースと高度をきちんと計画にまとめて「航法計画書」を作る楽しみ方を紹介します。


航法計画書を作ってみよう

航法計画書の元になる 簡単なフライトプラン(飛行計画書)は,SkyVectorを使えば簡単に作成できます。

SkyVectorで簡単なVFRフライトプランを作ろう
SkyVectorで簡単なVFRフライトプランを作ろう SkyVectorでフライトプランを作ろう(2) 簡単なVFRフライトプランを作ろう フライトシミュレーターでフライトプランを作るときは,普通VFRでというのが入門編のお約束?でしょうか。 旅客機が良...

航法計画書を作る準備段階で コースを決めるのは 結構大変です。

そこを,SkyVectorで補ってやれば,思ったより簡単に航法計画書が作れます。

航法計算書を作れば,短いフライトでもしっかり楽しめます。

では,はじめましょう。


準備

「航法計画書の作り方」をGoogleで検索しました。

Webで,計画書の作り方をコーチしてくれるものは,見つかりませんでした。

出てきたのは,「航法計画書の作り方と飛行の仕方 本田航空株式会社編」という書籍でした。

この本なら持っているので,大昔に購入した書籍を 引っ張り出しました。

現在でも この本は,版を重ねて 出版され続けています。

航空デパートの「ホーブン」で,入手できます。

詳しく知りたい方は,ぜひ購入することをお勧めします。

計画書を作ることは,楽しいですよ。


計画書作成の手順

この本によると,まず飛行コースを決めることから始まります。

つぎに,決めたコースの方位を求めます。

コースは,SkyVectorを使えば コース上に方位が表示されるので,専用の定規がなくても飛行する方位を求めることができます。

そして,SkyVectorは,任意の場所を経由ポイントに指定できる機能があるので,好きな場所を経由地にできます。

コースが決まれば,飛行コース上の管制制限を調べて 高度を決めていきます。

制限高度は,VFRチャートに書いてあります。

また詳しい管制制限高度については,AIS JAPANを参考にしてください。

日本の空港の着陸・離陸コースチャートを探しましょう
着陸・離陸コースチャートが見られるサイトがありました。 シミュレータパイロットが必要とする空港のチャートを,AIS JAPANを使って簡単に表示する方法を説明します。 着陸・離陸コースチャートといえばイカロス出版の書籍でした イカロス出版の「出発進入...

シミュレーターですから、通過許可が出たことにして そのまま直進することもアリですが,制限空域下を通過したり,迂回するのも面倒ですが 楽んでみましょう。


燃料計算

この本によれば,燃料消費は一定と仮定して計算するようになっています。

計算するに当たって,風向きとか燃料消費を計算するために 専用の計算機(計算尺)を使うことになっています。

私の持っている版が出版された,平成5年(1993年)には,E6Bという計算機がありました。

私も購入したことがありますが,使い方が全て英語で書いてあったので,使いこなすことができませんでした(>_<)

操作が簡単な計算機

しかし最近では,Web上ながら無料で使えるE6Bエミュレーターがあります。

その名も”E6B Emulator“といいます。

距離計算に利用できる入力済みの空港が,北アメリカとヨーロッパという制限があるのは,ご愛敬という所でしょうか(笑)

さらに,便利な計算機もあります。

有料(1,080円)ですが,iPadやiPhoneで動かせる”E6B Aviation Calculator“があります。

便利になりましたね。

これなら,Web上で翻訳機能の助けを借りHelpを見ながら使えそうです。


記入用紙

こうして計算書を作っていくのですが,書き込むための用紙は入手がしにくいですね。

そこで,私はこの本の中にある計画書の様式をワードプロセッサで作ってしまいました。

私の作った航法計画書用紙

私が作った航法計画書用紙

pdfファイルにしていますので,ダウンロードして自由にお使いください。

航法計画書用紙のダウンロードはここから

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク