スポンサーリンク

運航開始から1年2ヶ月の短命だったLCC

現在バニラ・エア株式会社として運航している会社は,かつてエアアジア・ジャパンという名前だった時期があります。

現在のエアジアジャパンとは別の会社です。

奇しくも,塗装は現在のエアアジア・ジャパンとよく似ています。

航空会社は,いろんな経緯があって変化していきます。

はじめのエアアジアジャパンは,運航開始から1年2ヶ月で運航休止してしまいました。

短命ですが,ド派手な塗装機は素敵なのでFS2004にインストールしました。


会社は変わったけれど塗装はそれほど違わないairasia Japan

現在のAirasia Japanは,シャークレットを付けたA320を運航しています。

Airasia Japanは,外資との提携で運営会社が変わっています。

かつてのAirasia Japanは,現在のバニラ・エア株式会社です。

なんだか,訳がわからなくなりそうです。

経緯はWikipediaの「バニラエア」に掲載されています。

Wikipediaに会社の変化が図示してあるのが一番よくわかります。

ともかく,会社が変わってもエアアジアグループの塗装は,それほど違いません。

ド派手な赤いフルラッピング塗装は,目立ちますね。

Airasia Japan A320-200 (JA02AJ) by Martin Tack. Photo from flickr

FS2004用機体のダウンロードとインストール

データファイルのダウンロード

この機体は,テクスチャーファイルだけが発表されています。

データファイルは,Flightsim.comからダウンロードできます。

ファイル名は”airasia_japan_airbus_a320_fs9.zip”です。

Flightsim.comから引用

機体のインストール

テクスチャーファイルのコピー

ダウンロードしたファイルを適当な場所で展開します。

展開したフォルダーは”AirAsia_Japan_Airbus_A320_FS9”という名前です。

このテクスチャーファイルに適合する機体は,Project Airbusの”pa320-cfm56-2.air”と

”model.200_CFM”というフォルダーを持つ機体です。

ちょうど,”Starflyer”のA320-200がぴったりなので,この機体のフォルダーに組み込むことにしました。

FS2004のAircraftフォルダーにあるスターフライヤ-のフォルダーは”A320-200 StarFlyer”でした。

このフォルダーに,”AirAsia_Japan_Airbus_A320_FS9”内の”texture.AirAsiaJapan”をコピーします。

2つの航空会社を一つのフォルダーに入れたので,フォルダーの名前を”A320-200 StarFlyer+Airasia”に変えました(^^;)

aircraft.cfgの編集

AirAsia_Japan_Airbus_A320_FS9”内の”readme.txt”の中にある定義部分を,スターフライヤーA320の”aircraft.cfg”ファイルに組み込みます。

コピーアンドペーストしたあと,一部修正が必要です。

組み込んで,修正した部分は次の赤字の部分です。

[fltsim.1]
title=Airbus A320-200 CFM AirAsia Japan
sim=pa320-cfm56-2
model=200_CFM
panel=
sound=
texture=AirAsiaJapan
kb_checklists=
kb_reference=
atc_id=JA02AJ
atc_airline=Wing Asia
atc_flight_number=8541
atc_heavy=0
ui_manufacturer="Airbus"
ui_type=A320-200
ui_variation=Japan AirAsia JA02AJ
ui_typerole="Commercial Airliner"
ui_createdby="Project Airbus"
atc_parking_types=GATE , RAMP
atc_parking_codes=WAJ
description=Project Airbus A320\n\n\n

これで組み込みは終了です。

FS2004での表示

機体選択画面

航空機メーカーは”Airbus”,機種は”A320-200″,バリエーションは”Japan Air Asia JA02AJ”です。

操縦席画面

パネルはスターフライヤーに組み込んだのでスターフライヤーと同じです。

仮想コックピットはありません。

滑走路上の機体

就航していた成田に駐機しました。

胴体左右でマーキングが異なるのが興味深いです。

まとめ

現在のAirasia Japanの機体が登場するのが待ち遠しいです。

それまでは,旧会社の機体で楽しむことにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク