スポンサーリンク

デジタルなのにアナログで

子供の頃,朝起きたら親が日めくりを一枚めくってその日の暦をみていた光景を思い出します。

いまどき,日めくりもないものだと考えていたのですが,タブレット生活をするようになってから,どういうわけか日めくり生活に戻ってしまいました。

タブレット用の日めくりは便利なんですよ。


デジタルなのにカレンダーはアナログがいい

毎日カレンダーを確認するとき,昔は日めくりカレンダーを使っていました。

子供の頃,朝起きたら親が日めくりを一枚めくってその日の暦をみていた光景を思い出します。

予定管理はスマートフォンなのに

いまどき,日めくりもないものだと考えていたのですが,タブレット生活をするようになってから,どういうわけか日めくり生活に戻ってしまいました。

年をとって忘れやすくなったので,予定や予約は,スマートフォンのスケジュールに書き込むようになりました。

アラームやお知らせ機能で前の日や5分前にアラームをセットするようになったからです。

スマートフォンとタブレットの予定表をつなげているので,情報は共有されています。

毎日の過去の出来事や暦を,専用のアプリなどでいちいち調べるのはおっくうでした。

ふと,昔の事を思い出して,もしかしたらあるかもしれないとスマートフォン用の日めくりを探したら,ありました!

その名も,”日めくりHD”といいます。

日本人の暮らしにあっている日めくりカレンダー

私は,iPad miniを日常に使っているので,このアプリの全面表示がちょうどよく感じます。

その日の昔の出来事や,月齢,暦,旧暦など昔の日めくりカレンダーに書いてあったことはほぼ全部書いてあります。

おまけに百科事典とも連携しているので,意味をすぐに調べることもできます。

その日に会う友人との会話に使える話題を知ることができるので,重宝しています。

また,自分がスマートフォンに入れた予定も,画面上に表示してくれるので,いちいちスケジュールを開く必要がないこともありがたいです。

デジタルなのに,日めくりのように前後をめくって調べることも出来るし,月間表示や年間表示もできるので,まさしくデジタル技術なのにアナログ感覚で使えるアプリなんです。

デジタル技術とアナログインターフェースの融合

単純な日めくりカレンダーですが,使い勝手がいいのは昔からの情報提供方法をデジタル機器に融合させているからではないかと思いました。

いいとこ取りのようですが,私は,こういうデジタルとアナログの融合は大好きです。

まだ,本当の日めくりカレンダーは,販売されているようです。

たしかに,電池が切れるとタブレットは使えなくなりますからね(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク