スポンサーリンク

カラーバリエーションが凄い航空会社があります

静岡空港と小牧空港を本拠地とするFUJI DREAM AIRLINE(FDA)は,3機のERJ-170と8機のERJ-175を運航しています。

FDAのERJ-170/175はカラーバリエーションが豊富です。

これらを再現したWilco/Feelthereの機体用塗装データをご紹介します。

FDAのERJはカラーバリエーションが凄いです

静岡空港を本拠とするFUJI DREAM AIRLINE(FDA)は,3機のERJ-170と8機のERJ-175を運航しています。

FDAのERJ-170/175はカラーバリエーションが豊富です。

全部で10色あり,11号機は4号機と同じグリーン塗装です。

“fda1” by noriyasu koketsu . Photo from flickr

基本機体はペイウェアです

私は,ペイウェアだけを紹介するのは気が引けます。

しかし,現在の所,FDAの塗装データが提供されている機体は,ペイウェア用だけですのでやむを得ずご紹介することにしました。

また,過去にCRJとペアでお買い得パッケージとして販売されたのがウィルコ リージョナルジェット コレクションです。

この中には,CRJ-200,700,900とERJ-170,190が入っています。

私は,こちらを中古品で購入しましたが,まだ新品でも購入できるようです。

FDA塗装データのダウンロードとインストール

ソフトウェアのインストールが済んだら,塗装データをダウンロードします。

データは,Flightsim.comからダウンロードします。

ファイル名は,”wilco_erj170_175_fda_fs9.zip”です。

Flightsim.comから引用

このファイルを展開すると,”FS9”というフォルダーができます。

この中に,”feelThere PIC E170”と”feelThere PIC E175”という2つのサブフォルダーがはいっています。

feelThere PIC E170”には,1,2,4号機が,”feelThere PIC E175”には3,5,6号機の塗装データが入っています。

それぞれのフォルダーには,既存のaircraft.cfgファイルにFDAの塗装機を組み込んだaircraft.cfgファイルが入っています。

元の機体フォルダー内のaircraft.cfgファイルを名前を変えて保存しておきます。

そのあとでERJ-170,ERJ-175それぞれのテクスチャーフォルダーとaircraft.cfgファイルを,機体フォルダーにコピーすればインストールが終わります。

私は,ERJ-170しか持っていないので,1,2,4号機だけをインストールしました。

機体選択画面

1号機を表示したところです。

操縦席

FMSも付いた本格的なもので,さすがにペイウェアだなと思います。

滑走路上の機体

1号機,2号機,4号機を静岡空港に駐めました。

赤い1号機

青い2号機

緑の4号機

まとめ

日本のエアライナーを集めていくとき,どうしてもペイウェアに頼らざるを得ない機体が出てきました。

そこは,しかたがないのかなとも思います。

けれども,ERJ-170,175,190はフリーウェアの機体があるので,これらの機体用の塗装データがあればいいなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク