スポンサーリンク

ANAからAIRDOにやってきたB767は特別塗装で活躍しています

ANAからAIRDOにやってきたB767-300のうちJA602Aは,北海道の観光地や熊をあしらった全面ラッピング塗装をまとって2016年夏から飛行しています。

この機体をFS2004に導入しましょう。


全面ラッピング塗装のAIRDOのB767-300

AIRDOはANAと包括的業務提携をしており,その一環としてANAのB767-300を基幹機材として導入しています。

なかでもJA602Aは,北海道の観光地や熊をあしらった全面ラッピング塗装をまとって2016年夏から飛行しています。

北海道に旅行するとき,ポップなこの機体に搭乗できると旅も一層楽しくなりますね。

この特別塗装機は「ベア・ドゥ北海道JET」と呼ばれており,その記事はネットにあふれています。

やはり楽しい塗装機は,人気者なんですね。

AIRDO B767-300 (JA602A) by James Photo from flickr

FS2004用のAIRDO B767-300 (JA602A)

データファイルのダウンロードとインストール

機体データパッケージのダウンロード

AIRDOの現在の通常塗装データは,見つかりませんでした。

そのかわり,ポップな「ベア・ドゥ北海道JET」がみつかりました。

データはFlightsim.comから”boeing767381airdoja602a.zip”というファイルをダウンロードします。

Flightsim.comから引用

このパッケージには,青いBマークは付いていませんが,インストールは簡単です。

展開した”Boeing 767-381 AIR DO JA602A”フォルダーの中にFSX用の機体データフォルダーである”FSX”というフォルダーがありますので,これをフォルダーの外に出します。

ついで,”Boeing 767-381 AIR DO JA602A”フォルダーをFS2004フォルダーの中にある”Aircraft”フォルダーにコピーします。

これでインストールは終了です。

機体データインストール作業の模式図

 FS2004での表示

フライトの作成画面

この機体は航空機メーカーが”SkySpirit2010”で登録されています。

機種欄は,B767-300,バリエーションは”Bear Do Hokkaido Jet”,機体番号はJA602Aです。

操縦席の画面

デフォルトB737のパネルを使った操縦席です。

仮想コックピットは,表示されません。

B767-300用のグラスコックピットデータもあります。

導入するとこういう具合になります。

このデータのインストールについては,次の記事を参考にしてください。

JALの国内線と国際線を広く担ってきたB767-300ER
B767シリーズは,JALグループの中で広く使われてきた機体です。 その中で300ERは,MD-11やDC-10の後継機として導入され,B747-400の退役後はJAL国際線のほとんどの路線で使われました。 現在では,国内と国際両路線で広く使われています。 ...
グラスコックピットを組込済のB767-300があるときの簡易インストール法
1 300Fのフォルダーの中にある”Panel”フォルダーを”Panel.org“に変更します。
2 グラスコクピットが導入してある機体のフォルダーから”Panel”フォルダーをコピーします。
これだけでグラスコックピットが導入できます。

滑走路上の機体

機体は,新千歳空港を起点として活躍していますから,冬の新千歳に駐めてみました。

塗装の課題

この機体には,残念ながら1カ所修正したい箇所があります。

胴体右舷(スターボードサイド)の「北海道の翼」の文字が鏡文字になっています。

テクスチャーフォルダー内のデータを眺めると,修正可能と思われる場所にあるのが救いです。

四角部分を鏡文字に反転させて貼り付ければ修正可能と思われます

まとめ

こんなにポップな機体を提供していただいた作者の方に感謝いたします。

ポップな機体ですが実機は古い機体なので退役時期が心配です。

けれどもFS2004なら,いつまでも日本の空を飛び続けられますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク