スポンサーリンク

まだまだがんばっていますよJALのB767-300

JALに長年がんばって活躍しているB767-300がいます。

JA8987は,1998年2月に国際線機材としてJAAに導入され,2008年4月にJALに移籍したあと国内線仕様に改修され現在はWiFiアンテナを装備し「がんばろう日本」withくまもんとして活躍しています。

FS2004にこの機体を導入して応援飛行をしましょう。


20年近くがんばって飛んでいるJALのB767-300

移籍や改修を経てもずっと飛び続けているJA8987

JALに長年がんばって活躍しているB767-300がいます。

JA8987は,1998年2月に国際線機材としてJAAに導入され,2008年4月にJALに移籍したあと国内線仕様に改修され現在はWiFiアンテナを装備し「がんばろう日本」withくまもんとして活躍しています。

機齢は20年になろうとしていますが,ペイントされているロゴのようにがんばっている機材です。

JAL B767-300 (JA8987) Sunrise by Ikarasawa Photo from flickr

JAL B767-300 (JA8987) がんばろう日本 by r_4x Photo from flickr

FS2004用のJAL B767-300 (JA8987)

データファイルのダウンロードとインストール

機体データパッケージのダウンロード

塗装データが,サンライズ塗装のものしか見つかりませんでした。

データはFlightsim.comから”os76jaln.zip”というファイルをダウンロードします。

Flightsim.comから引用

このパッケージには,青いBマークは付いていませんが,インストールは簡単です。

展開した”OS763V4_JAL_nc”フォルダーの中に”effect”フォルダーがありますので,このフォルダーをFS2004のフォルダーに移します。

重複するファイルがあれば,新しい方をのこしてください。

つぎに”OS763V4_JAL_nc”フォルダーをFS2004フォルダーの中にある”Aircraft”フォルダーにコピーします。

これでインストールは終了です。

FS2004での表示

フライトの作成画面

この機体は航空機メーカーが”Project Opensky”で登録されています。

説明欄には,B767-300ERとありますが,機体番号のJA8987の型式はB767-300です。

操縦席の画面

デフォルトB777のパネルを使った操縦席です。

仮想コックピットは,表示されません。

グラスコックピットデータのインストール

ウイングレットなしのJAL B767-300ERの機体にインストールしたグラスコックピットをこの機体にインストールすることもできます。

インストールしたB767用グラスコックピット

JALの国内線と国際線を広く担ってきたB767-300ER
B767シリーズは,JALグループの中で広く使われてきた機体です。 その中で300ERは,MD-11やDC-10の後継機として導入され,B747-400の退役後はJAL国際線のほとんどの路線で使われました。 現在では,国内と国際両路線で広く使われています。 ...

滑走路上の機体

機体は,羽田空港を起点として活躍する国内線仕様の機体ですから,羽田34滑走路に駐めてみました。

まとめ

地味な機体ですが,まだ6機のB767-300がJALに在籍しています。

これからも「がんばろう日本」をつけて日本の空を飛び続けてもらいたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク