スポンサーリンク

「行こう東北へ」塗装のJ-AIR ERJ-170

JAL国内線の70~90席クラスの地方路線にフィットする機材がERJ-170です。

ブラジル製のこの機材は,先進技術を採用したグラスコックピットを備えています。

2008年から導入され始めたこの機体は,いまでは伊丹空港を中心とした路線で17機が活躍しています。

J-AIR新塗装の機体を,FS2004に導入します。


鶴丸が復活した新塗装のJ-AIR ERJ-170

JAL国内線の70~90席クラスの地方路線にフィットする機材がERJ-170です。

ブラジル製のこの機材は,先進技術を採用したグラスコックピットを備えています。

J-AIRが2008年にこの機体を3機導入したときには,サンライズ塗装でした。

名古屋を拠点にしていましたが,伊丹に拠点を移してからはJALの地方路線を受け継ぎ,小さな機体に鶴丸を付けてがんばっています。

今では,17機のERJ-170が活躍しています。

J-AIR ERJ-170(JA225J)by XCDRichard Photo from flickr

FS2004用のERJ-170

以前,架空塗装のJALサンライズ塗装のERJ-170をご紹介しました。

この機体に,鶴丸+「行こう東北へ」塗装の機体を追加で導入します。

基本機体と,操縦席のデータ導入をこちらの記事をみて済ませておいてください。

Sunrise塗装ですがJALのERJ-170があります
ERJ-170は,国内ではJALグループのJ-Airが運行しています。 ロゴのみのシンプル塗装で運行していますが,フリーデータでは見つけることができませんでした。 けれども,架空塗装のJAL-Sunrise塗装機体が見つかったので紹介します。 架...

新塗装データのダウンロードとインストール

新塗装のデータもFlightsim.comからダウンロードできます。

ファイル名は”dreamwings_erj-170_j-air_ja221j.zip”です。

Flightsim.comから引用

ダウンロードしたファイルを展開すると,塗装データフォルダーである”texture.JA221J”と”readme.txt”ファイルが出てきます。

インストール方法は,テクスチャーファイルを,先に導入済みのERJ-170の基本機体フォルダーにコピーします。

つぎに”readme.txt”の中にある,機体定義部分を基本機体フォルダーの中にある”Airacraft.cfg”ファイルに組み込みます。

インストールの模式図

組み込む手順は,先に紹介した記事に詳しく説明していますので,ご覧ください。

先の記事で紹介した基本機体に今回の新塗装を組み込んだ”aircraft.cfg”ファイルを,ここからダウンロードできるようにしました。

FS2004での表示

フライトの作成画面

航空機メーカーは”Embraer”で登録されています。

操縦席の画面

先に紹介した基本機体には,すでにグラスコックピットを組み込んであります。

滑走路上の機体

現在の拠点である伊丹空港に駐機させました。

特殊塗装が明るい光でよく見えるよう,うしろからも撮影しました。

まとめ

ERJ-170の白無垢塗装データは,見つかりませんでした。

この機体の白無垢塗装は,シロウトの私でも,少しがんばれば作れそうな気がします。

実習をかねて挑戦しようかなと考えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク