スポンサーリンク

ウイングレットを後付けしたJAL国際線用 B767-300ER

JALの国際線用機材として運用されているB767ー300ERの中でウイングレットを取り付けた機体があります。

ウイングレット取り付けと機内設備を”JAL SKY SUITE”と呼ばれる豪華設備への改修が2013年から行われ,長距離国際線に就航しました。

この機体をFS2004に導入します。


JAL長距離国際線に就航しているB767-300ER

ウイングレットを持つ国際線用B767-300ER

JALの国際線用機材として運用されているB767ー300ERの中でウイングレットを取り付けた機体が9機あります。

これらの機体は,2013年から2014年にかけて,ウイングレット取り付けと機内設備を”JAL SKY SUITE”と呼ばれる豪華設備への改修が行われ,長距離国際線に就航しました。

JAL B767-300ER (JA617J) by Bill Wong Photo from flickr

FS2004用のウイングレット付JAL B767-300ER

データファイルのダウンロードとインストール

機体データパッケージのダウンロード

データはFlightsim.comから
skyspirit2010_japan_airlines_boeing_767-300er_ja617j.zip
というファイルをダウンロードします。

Flightsim.comから引用

機体データのインストール

ダウンロードしたファイルを適当な場所に展開します。

展開してできた”skyspirit2010_japan_airlines_boeing_767-300er_ja617j”というフォルダーを開きます。

展開したフォルダー内にはFSX用のデータフォルダもあります。

このフォルダーの中にある”Effects“フォルダーを,FS2004をインストールしたフォルダーにコピーします。

Effects“フォルダーをコピーしたとき,重複するファイルが出た場合は,新しい方を残してください。

つぎに,FS2004用のデータである”Boeing 767-300ER”をFS2004フォルダーの中にある”Aircraft”フォルダーにコピーすれば,インストールは終了です。

FS2004での表示

フライトの作成画面

この機体は航空機メーカーが”Boeing”で登録されています。

操縦席の画面

デフォルトB777のパネルを使った操縦席です。

仮想コックピットは,表示されません。

グラスコックピットデータのインストール

ウイングレットなしのJALのB767-300ERの機体にインストールしたグラスコックピットをこの機体にインストールすることもできます。

インストールしたB767用グラスコックピット

JALの国内線と国際線を広く担ってきたB767-300ER
B767シリーズは,JALグループの中で広く使われてきた機体です。 その中で300ERは,MD-11やDC-10の後継機として導入され,B747-400の退役後はJAL国際線のほとんどの路線で使われました。 現在では,国内と国際両路線で広く使われています。 ...

滑走路上の機体

機体は,成田を起点として活躍する国際線仕様の機体ですから,成田34滑走路に駐めてみました。

まとめ

ウイングレットを追加したB767-300ERも,導入から15年を経過しようとしています。

近年B787が導入され,この機体も20年を経過するあたりから退役が始まるのでしょう。

長年見慣れた機体ですから,少し寂しい気がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク