スポンサーリンク

戦列を離れてしまったSTARFLYERのA320

真っ黒な機体のA320を擁したSTARFLYERは,新北九州空港の開港に合わせて運航を開始しました。

初期導入のA320-200の4機は,リースバックされて戦列を離れ,新規導入の機体は,シャークレットを備えたものに変わっています。

それでも残り3機のA320は,従来型の小さいウイングレットの機体です。

ご紹介するのは引退してしまった機体ですが,FS2004に導入して北九州空港から離陸しましょう。


高級路線を目指したSTARFLYERの初期の立役者A320-200

真っ黒な機体で注目を集めたA320-200

真っ黒な機体のA320を擁したSTARFLYERは,新北九州空港の開港に合わせて運航を開始しました。

STARFLYERが初期に導入したA320-200は,座席数が144席でシートは革張りでピッチも広く,低価格でも高級なイメージを目指していました。

この初期導入のA320-200の4機は,リースバックされて戦列を離れ,新規導入の機体は,シャークレットを備えたものに変わっています。

それでも残り3機のA320は,従来型の小さいウイングレットの機体です。

経営拡大による一時的な経営悪化を合理化でしのぎ,経営が上向いてきたところでさらなる飛躍を目指しています。

STARFLYER A320-200 (JA04MC) by stevensaviation  Photo from flickr

FS2004用 STARFLYER A320

データファイルのダウンロードとインストール

ファイルのダウンロード

機体のデータは,Flightsim.comからダウンロードします。

ファイル名は”a32pasfj.zip”です。

Flightsim.comから引用

FS2004用機体のインストール

ファイルをダウンロードしたら適当な場所に展開します。

展開したフォルダーは,”a32pasfj”というフォルダーです。

このフォルダーの中にある”A320-200 StarFlyer“フォルダーを,FS2004の”Aircraft”フォルダーにコピーします。

これで,インストールは終了です。

簡単なインストールですが,私の記事に詳しい方法を載せていますので参考にしてください。

Flightsim.comやAVSIM.libraryには,魅力的なフリー・データ機体があります。 インストールの方法がわからないから,使わないというのはもったいない話です。 機体によってはインストールが簡単なモノがあります。 すぐに使える機体の選び方を...

FS2004での表示

フライトの作成画面

この機体は航空機メーカーが”Airbus”で登録されています。

操縦席の画面

付属しているのは,B737のデフォルト計器を使った操縦席です。

仮想コックピットは,表示されません。

グラスコクピットの導入

ANAのA320で使ったA320のグラスコックピットを導入しました。

導入の方法は,次の記事をご覧ください。

ANAは,1991年に国内航空会社としては最初にこの機体を導入しました。 国内だけでなく国際線にも使える短・中距離用機材として活躍していたのですが,現在では国内線で使われるだけになりました。 このA320-200を引退する前にFS2004に導入しましょう。 ...

滑走路上の機体

やはりこの機体は,新北九州空港がぴったりです。

垂直尾翼は左右で色が違います。

機体選択画面と下の画面を見比べてください。

私は,FS2004でくるりと機体を回してみるまで気がつきませんでした。

まとめ

日本のエアライナーを探している過程で,SATRFLYERがなかなか見つからず苦労しました。

検索時に,”STAR FLYER”と入力したのが間違いで”STARFLYER”とすればOKでした。

私の失敗です(^^;)

シャークレット付きの機体が欲しいところですが,それまでは少し我慢です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク