スポンサーリンク

国際線から国内線に転籍したB777-200

ANAが開発に参加し多数導入したシリーズ最初の機体であるB777-200

B777-200は,ANAが「ワーキング・トゥギャザー」の一員として機体の開発に参加しました。

ANAから数々の提案を行い,実用的な機体に仕上がり多くの航空会社に採用されました。

ANAもB777-200を12機を導入し,国際線と国内線で運行されました。

国際線で運行されていた機体も国内線に転籍して使用されるようになりました。

B777-200は現在11機が在籍しており,12機の777-200ER,7機のB777-300と供に国内線で活躍しています。

新型のB787シリーズの導入に伴い退役が早まるかもしれませんが,国内線の主力の一端を担う機材として今後も活躍するでしょう。

B777-200(JA704A)Photo from flickr by Kentaro IEMOTO

B777-200(JA704A)Photo from flickr by Kentaro IEMOTO

FS2004用のANA B777-200

FS2004用のANA B777-200のダウンロードとインストール

機体データのダウンロード

FS2004用のB777-200を作るためのデータは2つあります。

どちらもFlightsim.comからダウンロードします。

ファイル名は,”na77fsx.zip”と”scb77erf.zip”です。

ANA B777-200のFS2004用の機体は探し出せませんでしたが,FSX用がありました。

それが,”na77fsx.zip”です。

Flightsim.comから引用

このままでは,FS2004には使えないと考えて,この機体の元になったFS2004用の機体を探し見つけたのが,”scb77erf.zip”でした。

このデータは,今は飛んでいないJAL CARGOの機体です。

Flightsim.comから引用

FS2004用機体の調整とインストール

2つのファイルからANAのB777-200機体を作る

2つのファイルをダウンロードしたら適当な場所に展開します。

”na77fsx.zip”を展開した”NA77FSX”フォルダーの中の”Boeing 777-200 Nippon Airways“を開きます。

この中にある”texture”フォルダーを”scb77erf.zip”を展開した”SCCB-b772ERF-jal”フォルダーにコピーします。

コピーした”texture”フォルダーを”texture.ANA”に名前を変えます。

aircraft.cfgの編集

”SCCB-b772ERF-jal”フォルダーの中の,aircraft.cfgファイルを編集し,ANA機体の定義を追加します。

追加する部分は”NA77FSX”フォルダーの中のaircraft.cfgからコピーして調整したものです。

調整した部分は次のようになります。

[fltsim.1]
title=All Nippon Airways Boeing 777-200
sim=Boeing777-200-MR-MKIII
model=PW
panel=
sound=PW
texture=ANA
atc_id=JA704A
atc_airline=ANA
atc_flight_number=999
atc_heavy=1
ui_manufacturer=Boeing
ui_type=777-200ERF
ui_variation=ANA
description=SCCB Boeing 777-200ERF Model

この定義部分を編集した”aircraft.cfg”をここからダウンロードできるようにしました。

調整した機体をFS2004に導入する

導入は,調整済みのファイルを組み込んだ”SCCB-b772ERF-jal”フォルダーをFS2004の”Aircraft”フォルダーにコピーするだけです。

FS2004での表示

フライトの作成画面

この機体は航空機メーカーが”Boeing”で登録されています。

操縦席の画面

デフォルト計器を使った操縦席です。

仮想コックピットは,表示されません。

滑走路上のANA B787-9

国内線の機材ですから,羽田34Rに駐機しました。

元になった機体の紹介

現在では運行されていませんが,敬意を表すために元になった機体をご紹介します。

B777-ERFといいますが,現在ではこの機体は国内に在籍していません。

滑走路上のB777-300ERF

成田空港に駐機してみました。

まとめ

アプローチ・アンド・ランディングインジャパンに付属しているB777-200用のリペイントデータにANA塗装はあるのですが,今回はフリーウェアにこだわって探してみました。

ペイウェア用の塗装データは,後ほど紹介する機会があると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク