スポンサーリンク

ANA国内線の主役となったB777-300

ANA国内線を代表する機材の一つであるB777-300は,B747SRの後継機でした。

1998年7月3日に風をデザインした特別塗装を施され国内線でデビューしています。

ANA在籍機数は7機ですが,この機体はANA国内線のなかで一番座席数が多い514席です。

国内線を飛ぶ大型機材として,FS2004に導入しましょう。


B747SRの後継機として導入された大型機B777-300

B777-300は羽田~広島線でデビューしました

ANA国内線を代表する機材の一つであるB777-300は,B747SRの後継機でした。

1998年7月3日に羽田~小松,羽田~広島線でデビューしています。

その時の塗装は風をデザインしたものでした。

在籍機数は7機ですが,この機体はANA国内線のなかで一番座席数が多い514席です。

B777-300(JA752A) Photo from flickr by Kentaro IEMOTO

FS2004用のANA B777-300

FS2004用のANA B777-300のダウンロードとインストール

機体データのダウンロード

データはFlightsim.comからダウンロードします。

ファイル名は,”skyspirit2012_ana_ja751a_boeing_777-300.zip”です。

Flightsim.comから引用

FS2004用機体のインストール

ファイルをダウンロードしたら適当な場所に展開します。

このデータパッケージは,FS2004用とFSX用のデータが別々のフォルダーに収納されています。

FS2004用は,”skyspirit2012 Boeing 777-300”というフォルダーです。

このフォルダーを,FS2004の”Aircraft”フォルダーにコピーします。

次に,”777-effects”フォルダー内にあるファイルをFS2004フォルダー内にある”Effects”フォルダーにコピーします。

重複するファイルが出た場合は,新しい方を残してください。

これで,インストールは終了です。

FS2004での表示

フライトの作成画面

この機体は航空機メーカーが”Boeing”で登録されています。

操縦席の画面

デフォルト計器を使った操縦席です。

仮想コックピットは,表示されません。

上から見た機体

先にご紹介した,B777-300ERに比べて翼端がすこし短い事がわかります。

滑走路上のANA B777-300

やはりこの機体は国内線最大ですから迫力があります。

この機体は,まだWiFiアンテナを装備する前のようです。

まとめ

この機体は,現在羽田~新千歳,羽田~福岡,羽田~那覇で運行されています。

国内線フライヤーである私としては,よく使う機材になりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク