スポンサーリンク

国内で運行しているB737-700の基本機体をインストールする

B737-700は,B737-200の後継としてANAが導入を進めていた機材です。

2017年12月現在,ANAで7機,AIRDOで9機が日本の空を飛んでいます。

この2社のB737-700をFS2004で飛行させるために,基本機体データをインストールします。


B737-700をFS2004に導入する(1)

先進コックピットを備えたB737-200の後継機

B737-700は,B737-200の後継としてANAが導入を進めていた機材です。

納入途上で,700ERや800に変更され2015年12月までに9機がANAグループから離脱しています。

2017年12月現在,ANAで7機,AIRDOで9機が日本の空を飛んでいます。

AIRDO のB737-700 Photo from flickr

FS2004用のB737-700のダウンロードとインストール

基本機体データのダウンロード

この2社のB737-700をFS2004で飛行させるために,まず基本機体データをインストールします。

データファイルは2つあります。

最初にリリースされたデータファイルである”tds_b737-700_base_package.zip”と,データ修正追加データである”tds_b737-700_base_package_fix.zip”というファイルです。

B737-700の基本機体データ

B737-700の基本機体データ

2つのファイルデータを一つにまとめる

ダウンロードした2つのファイルを展開します。

つぎに修正データを元のデータに適用します。

tds_b737-700_base_package_fixフォルダーの中にある2つのフォルダーを,tds_b737-700_base_packageフォルダーに上書きコピーします。

修正データの適用方法

修正データの適用方法

これで,基本機体データの修正は終了です。

基本機体をFS2004にインストールする

基本機体のインストールは,2つのフォルダーをFS2004にコピーします。

まず”effect“フォルダーを,FS2004をインストールしたフォルダーにコピーします。

重複するファイルは,新しい方を残しましょう。

つぎに,

基本機体のインストール

基本機体のインストール

FS2004での動作確認

導入した機体には塗装データが含まれていません。

その代わり,9種類の型式が一つのフォルダーに含まれています。

インストールされた9種類のB737-700

インストールされた9種類のB737-700

FS2004の機体選択画面

塗装データがないので灰色です。

基本機体データの選択画面

基本機体データの選択画面

操縦席の画像

デフォルトのパネルを使った操縦席です。

仮想操縦席は含まれていません。

今後の導入予定

記事の2回目でANAとAIRDOの塗装データのインストールを,3回目でHUDを備えた操縦席へのグレードアップを説明いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク