スポンサーリンク

767の後継機として導入されANAの主力機とも言えるB787-8

B787は,B767の後継機にとANAが開発に参加した中型旅客機です。

炭素繊維を機体の約50%に使っており,飛行中の主翼のしなり具合は独特のものです。

FS2004でも,その独特の飛行姿勢を見ることができます。


ANAが開発に参加し米国製ながら3割が日本製のB787-8

B767の後継機として開発されANA国内線の主力とも言えるB787-8

ANAはB787のローンチカスタマーとして機体の開発に参加しています。

2017年現在,ANAにはB787-8が36機在籍しています。

そのうち国内線仕様機が11機あります。
B767-300ERの国内線仕様が7機,B777-200ERの仕様機が12機ですから国内線の中軸の一つにもなっています。

地上のB787-8 Photo from flickr

B787-8には,炭素複合繊維が約50%使われていて,日本企業が35%製造に参加していることはよく知られています。

飛行しているときには主翼がしなり,着陸時にはそれが強調されます。

着陸時のB787-8 Photo from flickr

FS2004のB787-8を導入する

機体データのダウンロードとインストール

フライトシミュレータの世界でも,このB787-8を日本の方が作成されているものがあります。

そのファイルはFlightsim.comにある”tds788trent_ana_ja807a.zip”というファイルです。

このファイルは,青いBマークが付いたデータですから,展開したフォルダーをFS2004のaircraftフォルダーに入れるだけでインストールが終了します。

Flightsim.comから引用

詳しいインストール方法は,私の記事を参考にしてください。

簡単にインストールできるフリー・データ機体でFS2004を楽しもう
Flightsim.comやAVSIM.libraryには,魅力的なフリー・データ機体があります。 インストールの方法がわからないから,使わないというのはもったいない話です。 機体によってはインストールが簡単なモノがあります。 すぐに使える機体の選び方を...

FS2004上のB787-8

フライト作成の機体選択画面

航空機製造メーカーがTDSになっています。

この機体の製作グループの名称です。

滑走路上のB787-8

ANA国内線の中軸となる機体です。
羽田空港34R滑走路上に機体を駐めてみました。

飛行中のB787-8

飛行中の主翼のしなり具合がよく表現されていますね。

本当に素晴らしい作品だと思います。

操縦席の画像

機体に設定してあるのは,デフォルトのB777を基本にした2Dパネルです。

安定した動作をするので,これはこれで良いのですが,B787-8には,ヘッドアップディスプレイも装備されています。

そういった装備を備えた,この機体用の拡張パネルデータも提供されていますので,その拡張パネルデータを導入することにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク