スポンサーリンク

食いついて廻してしまう凄いプライヤーを使っています

色々工作をしていると,ネジの頭をドライバーで潰してしまったり,錆びたネジを外したくなる時があります。

こういうとき普通は,プライヤーを使います。
私は,ちょっと変わった食いつきのいいプライヤーを使っています。

その名前は ”SCREW PLIERS” といいます。

硬く錆びついたネジでも廻してしまうプライヤー,商品名は「ネジザウルス」!

大阪市にある作業工具メーカー「エンジニア」の製品です。

実は,固まったネジをはずそうとホームセンターで物色していると
ド派手なイラストのついた この製品が目に入りました。

大きいほうの”PZ-55“を買って帰り,使ってみると…

「凄いぜ,このプライヤー!」と 感動のあまり,その日のうちに小型の”PZ-57“を買いに再びホームセンターに行きました。

結構知名度のあるメーカーだったようです。

プロフェッショナル用工具メーカーのエンジニア選べる工具1000アイテム。オーダーメイド販売実績1500社

「エンジニア」さんは,ムービーがたくさんあるサイトを作ってらっしゃいます(^^)

このムービーで,工具の使い方もよくわかります。

エンジニアのサイトから引用

ネジザウルスの特徴

ネジザウルスの先端形状は特許があります。

この”PZ-55″,初代ネジザウルス と命名されています。

初代に出会えたのは,道具好きの幸運?なのでしょう。

PZ-55の先端部分を開いたところ

PZ-55の先端を横から見たところ

PZ-57の先端部分を開いたところ

PZ-57の先端部分を斜めから見たところ

たしかに「ネジに食いつく様子」はティラノサウルスに似ています。

「エンジニア」さんは,茶目っ気もあるんでしょうか?
イラストもド派手ですし…

エンジニアのサイトから引用した「ネジザウルス」のイラスト

このプライヤーは,ネジ以外の いろんな物を外すときにも重宝します。

高炭素鋼の先端部分の硬さは,半端じゃないので,柔らかい金属ものならちぎって外すということができます。

いやはや,すさまじい硬さなんです。
流石,「MADE IN JAPAN」!

プライヤーの先端に誇らしげに刻印してあります。

エンジニア ネジザウルス PZ-55

新品価格
¥1,200から
(2017/5/31 18:13時点)

エンジニア ネジザウルスM2 PZ-57

新品価格
¥1,500から
(2017/5/31 18:14時点)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク