スポンサーリンク

グリーンカラーのANA DHC-8-Q400

ANAのDHC-8-Q400には,グリーンカラーの機体があります。

「ECO BON」と呼ばれる機体です。

全日空が,エコファースト企業イメージ宣伝の一環として社内公募で決めた名称だそうです。

この塗装機体,FS2004用のデータがあります。


企業宣伝のために作られたDHC-8-Q400の特別塗装機「ECO BON」

珍しいグリーンカラーのQ400があります。

全日空がエコファースト企業イメージ戦略として作った「ECO BON」と呼ばれる機体です。

若葉のイメージなのだそうです。

トリトンブルーもいいのですが,グリーンカラーも爽やかでいいですね。

どうして「ECO BON」なのかは,全日空のページに書かれていますので読んでみてください。

FS2004用のECOBON

基本機体データのダウンロードと展開

基本機体は,先に紹介したトリトンブルーのDreamwingとは別の機体です。

Flightsim.comから”dhc8-q400_9.zip”と言うファイルをダウンロードします。

この機体は青いBマークの付いたコピーするだけでインストールできる機体です。

この機体には,サウンドデータと操縦席,仮想コックピットが含まれています。

ダウンロードしたら適当な場所に展開しておきます。

Flightsim.comから引用

ECO BONリペイントデータのダウンロードと展開

Flightsim.comから”anawingspremierdhc8-402q.zip”と言うファイルをダウンロードします。

名前が長いので,この記事からコピペして検索してください(^^;)

Flightsim.comから引用

ECO BON 機体の調整

ECO BON機体は,手作業でインストールが必要です。

リペイントデータファイルを展開しましょう。

Readme.txtの中に,FSX用とFS2004用のaircraft.cfg編集用のデータが記載されています。

FS2004用の部分を,メモ帳でコピーし,先ほどdhc8-q400_9.zipを展開しておいたフォルダーを開きます。

そこにある,”aircraft.cfg”を開いて,[flisim.2]の次の部分にペーストし[flisim.X]を[fltsim3]に書き換えます。

書き換えが終わったら,上書き保存します。

aircraft.cfgをメモ帳で編集する

つぎにanawingspremierdhc8-402q.zipを展開したフォルダーから”texture.ANA Wings”フォルダーをdhc8-q400_9.zipを展開したフォルダーにコピーします。

なおanawingspremierdhc8-402q.zipを展開したフォルダーのなかの”DXT3 Texture”は使いません。

DXT3 Textureとは圧縮したテクスチャーファイル形式です。

テクスチャーフォルダーをコピーする

以上で,ECO BON機体の調整は終了です。

dhc8-q400_9.zipを展開しておいたフォルダーの中の”Aircraft”と”sound”フォルダーを,そのままFS2004をインストールしたフォルダーにコピーします。

これでECO BONのイントールは終了です。

フォルダーをそのままコピーする

FS2004での表示

機体選択画面

メーカー名もレジ番号もきちんとしています。

操縦席と仮想コックピット

グラスコックピットになっています。

NAV用のオリジナル計器も装備されています。

仮想コックピット

仮想コックピットもキチンと装備されています。

まるで,商用製品のようです。

滑走路上の機体

羽田空港の滑走路に置いてみました。

爽やかグリーンカラーが映えますね。

ECO BON機体は,トリトンブルー機体と違ってALL IN ONEになっていますから,インストールしやすい機体です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク