スポンサーリンク

多機能なPFDを持ったCessna Citation Mustang 510

FSPilotshopで,$4.98で販売されていたセスナマスタングを購入しました。

機体の出来は,それなりという感じですがFS2004が発売された頃の機体にも関わらず,グラスコックピットを作ろうとした意気込みが伝わってくる機体です。


多機能なPFDを持つCessna Citation Mustang 510

$4.98のAbucusのCessna Citation Mustang510です。
この製品はFSX用の機体も入っていますから格安ですね。

セスナマスタングは,ビジネスジェットの中でもトイレ付きの豪華な室内インテリアが注目されました。

機体外観

セレブ御用達なのか,やはり豪華に見えますね。

昇降口の開閉も,上下に開くタイプです。

室内インテリア

お世辞にも豪華とは言えないあっさりとしたものです。

一応客席は4つ表現されていますが,トイレは表現されていないようです。

コックピット

雰囲気は良く再現されていると思いますが,実機とはかなり異なります。

付いているドキュメントによればAbucusオリジナルのPFDとのことです。

また,MFD(中央ディスプレイ)に付いているはずのナビゲーションシステムはありません。

私は,過去にMFDの付いたFlight1のMustangを購入したものの,グラスコックピットが表示できず,泣く泣く買ったばかりの商品を中古品として売り払った経験があります。

まあこの価格で,MFDまで付いていたらビックリですけどね。

でも,PFD(Primary flight display)の機能はしっかり作られています。

PFDの機能

FS2004にインストールされた機体フォルダーに,htm形式のPFDのドキュメントが入っています。

各機能は,翻訳して読めるので使いやすく感じました。

英文のドキュメントを日本語で表示したもの

まとめ

このマスタングは$4.98なので,割と高価(?)な製品です。

私は,PFDがしっかり作られていることと,PFD操作ドキュメントがわかりやすいというのが,この製品の特徴だと考えます(^^;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク