スポンサーリンク

凄すぎのベースモデルを使って一度に2種の日本のエアライナーをインストールする

TDSと言うグループのB737-800があります。

テクスチャーは含まれていないのですが,12種類の機体が含まれています。

これを使えば,ANAとJAL2つの機体を一度にインストールできます。

作業は,簡単ですからぜひ挑戦してください。


ANAとJALの機体をFS2004に一度にインストールする

日本のエアライナーをインストールするとき,少しずつインストールしていくのが普通でした。

でも優れたパッケージなら,一度に2種類の機体をインストールすることもできます。

今回,同じ機体用のANAとJALのリペイントデータが見つかったので,一度に2種類の機体をインストールできました。

基本機体のダウンロードとインストール

B737-800の基本機体のファイルは,flightsim.comにあります。

ファイル名は,”tds_b737-800_base_package.zip”という長いファイル名です。

コピー・ペーストして,検索してください。

大きなファイルなのでダウンロードには少し時間がかかります。

Flightsim.comから引用

このデータは,青いBマークの付いているデータなので,展開したフォルダーを,FS2004のaircraftフォルダーにコピーするだけでインストールが終わってしまいます。

簡単にインストールできるフリー・データ機体でFS2004を楽しもう
Flightsim.comやAVSIM.libraryには,魅力的なフリー・データ機体があります。 インストールの方法がわからないから,使わないというのはもったいない話です。 機体によってはインストールが簡単なモノがあります。 すぐに使える機体の選び方を...

この機体は,基本的なテクスチャ-しか含まれていないので,FS2004上で表示してもノッペラボーです。

しかし,このファイルの中には驚くべき事に12種類の機体が入っているのです。

インストールした基本機体はノッペラボーです

ANAとJALのリペイントデータのインストール

インストール方法は,以前ご紹介した記事に詳しく書いてたものの応用編です。

デフォルト737-400にJALリペイントデータをインストールする
デフォルトのエアラインの塗装は,いかにも架空ですよというものです。 実際に日本の空を飛ぶときには,やはり国内の航空会社の塗装で飛びたいですね。 そこで,デフォルトのB737-400にJAL塗装を施してみました。 私は,しばらく塗装データを導入する...

リペイントデータのダウンロード

リペイントデータは,同じくflightsim.comからダウンロードします。

ANAの機体のファイル名は,大変長いのです。
”e-viation_fsrrepaint_ana_738_ja73an_inspiration_of_japan.zip”です。

Flightsim.comから引用

JAL新塗装機体のファイル名は”tds738_jal_ja316j.zip”,少し短いですね(笑)

Flightsim.comから引用

リペイントデータのインストール

2つのファイルをダウンロードしたら,適当な場所に展開しておきます。

展開したフォルダーの中にあるテクスチャーフォルダーをまるごと,FS2004\aircraft\TDSBoaeing737-800wフォルダーにコピーします。

右側がテクスチャーフォルダー,左側が機体のフォルダーです

二つのフォルダーからテクスチャーフォルダー2つをコピーしたところです。

テクスチャーフォルダー2つをコピーしたところ

aircraft.cfgの編集

リペイントデータを反映させるために,メモ帳でaircraft.cfgを編集します。

必要なデータは,ANAとJALの展開済みのフォルダーの中にあるreadme.txtにあります。

ANA機体定義の編集

まず,ANAからコピーします。

必要なのは[fltsim.x]以下の部分です。

コピーする位置は,基本機体の12種類の機体記述データの次の部分です。

前の機体の番号が,[fltsim11]なので,ANA機体の定義番号をコピーしたあとで[fltsim12]に変更します。

メモ帳でaircraft.cfgを編集します

JAL機体定義の編集

JALも同様に,ANA機体定義の次にコピーします。

ANAの機体の番号が,[fltsim12]なので,JAL機体の定義番号をコピーしたあとで[fltsim13]に変更します。

一度に2つの定義部分を編集してしまいます

FS2004でインストール結果を確認する

コピーするだけの簡単インストールで,ANAとJAL二つの機体がインストールできました。

機体選択画面で確認してみましょう。

ANA機体の表示

航空機メーカーが”Boeing-TDS”になっています。

JAL機体の表示

これは,航空機メーカーがBoeingになっていました。

定義データの航空機メーカー部分を調整すれば,表示の違いはなくなります。

まとめ

機体とテクスチャーデータ構造がちゃんとしているとインストールも非常に簡単にすみます。

2種類の機体を同時にインストールできるので,定義番号を忘れてしまうこともありません。

本当に助かりますね。

一度に2種類の機体をインストールしたので,「日本のエアライナー調査室」データの更新が追いつきません(^^;)

調査室サイトは以下のリンクからご覧になってください。

FS2004 Japan Airliner Data Research Office
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク