スポンサーリンク

FSX用の機体でもリペイント機ならFS2004で使えるものがあります

FSX専用として提供されている機体でも,元の機体のFS2004用データがあるものであれば,塗装データを流用することができます。

FSX用のANAポケモンジェットを例にFS2004に導入する方法を説明します。


FSX用に提供されている機体のテクスチャーをFS2004で使う

FSX用として提供されている機体でも,塗装データだけならばFS2004で使えるものがあります。

FS2004用とFSX用で共通に使える塗装データ

フライトシミュレーターのフリーウェアの世界で有名な”Project Opensky”と言うグループがあります。

いろいろな,エアラインの機体を共同開発しているグループの一つです。

”Project Opensky”の機体ならFSXの塗装データをFS2004で使える可能性が高いのです。

その他のグループでも使えるかどうかは,今後調査しないといけませんね(^^;)

FSX用のB747-400Dポケモンジェットのデータ

日本のエアラインのデータを探していたときに,Flightsim.comでFSX専用のポケモンジェットの塗装データ”fsx_posky_anaja8965.zip”を見つけました。

けれども,この塗装データはFS2004用には提供されていませんでした。

FS2004用機体データにProject OpenskyのJALSunriseを使う

FS2004用のB747-400Dは,マリンジャンボやJALサンライズ塗装機で提供されています。

今回はJALの機体データを使って,ポケモンジェットのテクスチャーを使えるかどうか試してみることにしました。

FS2004 ProjectOpensky JAL B747-400Dはきれいです
かつて国内線の花形だったB747-400Dです。 JALの最終塗装で懐かしいですね。 Project Openskyのデータは,よく再現されていて綺麗です。 国内線の花形だったB747-400D デフォルトのB747-400はウイングレ...

FSX用データをFS2004の機体フォルダーに移す

このデータは,塗装データだけですから,展開するとテクスチャーデータフォルダーが出てきます。

このフォルダーをJALサンライズサンライズ塗装機をインストールしたフォルダーに移します。

テクスチャーフォルダーだけを使います

手動でインストールするなら,aircraft.cfgを編集してポケモンジェットのテクスチャーファイルを登録します。

手動登録方法は,記事に書いているので参考にしてください。

デフォルト737-400にJALリペイントデータをインストールする
デフォルトのエアラインの塗装は,いかにも架空ですよというものです。 実際に日本の空を飛ぶときには,やはり国内の航空会社の塗装で飛びたいですね。 そこで,デフォルトのB737-400にJAL塗装を施してみました。 私は,しばらく塗装データを導入する...

私は,せっかくなのでAddit! Pro!を使って簡単にインストールしてしまいました(^^;)

Addit! Pro!にインストールすべてを任せてしまうと,テクスチャーファイルの名前は数字で管理されてしまいます。

私の場合,”texture.2”というフォルダーにインストールされました。

このフォルダー名は,FS2004では表示されないので心配はないのですが,手動でインストールすればわかりやすい名前にできます。

フォルダー名が変換された

このフォルダー名は,FS2004では表示されないので心配はないのですが,手動でインストールすればわかりやすい名前にできます。

ポケモンジェットの塗装データがaircraft.cfgに記載されている

うまく動くかどうか,FS2004を起動してみました。

大丈夫だったようです。

FS2004の機体選択画面

日本のエアライナー調査室に登録しました

FS2004で動いたので,さっそく「日本のエアライナー調査室」に登録しました(笑)

Project Openskyが提供しているフリーウェア機体であるが,FSX用に提供されている。 マリンジャンボと同じようなスペシャル塗装機体であるが,トリトンブルーを基調にしている。 テクスチャーファイルだけを既存のB747-481Dのフォルダーに入れて使う。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク