スポンサーリンク

FS2004SDKのfsedit.exeをWindows10上で動かす

FS2004の航空機の諸元を調整するとき,FS2004SDKに付属するfsedit.exeを使います。

fsedit.exeは,WindowsXP時代のソフトウェアですが,Windows10上でも動きます。

けれども,そのためには少し工夫が必要です。


FS2004SDKに付属のfsedit.exeを使う

FS2004には,構成するファイル群を調整・操作するためのSDKがあります。

この中で,航空機の諸元を操作するのがfsedit.exeです。

Windows10上でフライトシミュレーターのSDKをインストールするときには注意が必要です
フライトシミュレーターのSDKは,普通にゲームをしているときには必要がありません。 けれども,少しシーナリーを変更するとかパネルを触ろうと思ったら避けて通る訳にはいきません。 SDKは,発表されてから時間が経っています。 そのためか,私がWindows10上でインス...

FS2004SDKに付属のfsedit.exeを動かす

SDKには,”FSEdit_SDK”と言うフォルダーにfsedit.exeがあります。

このフォルダーには,”Japan”という日本語FS2004向けと思われるフォルダーがあります。

そして,ここにもfsedit.exeがあります。

そのfsedit.exeをクリックすると,”MFC70.DLLが見つからない”というエラーダイアログが表示されます。

“MFC70.DLL”は,FS2004のメインフォルダーにあるので,このフォルダーにコピーします。

そうすると問題なく起動できます。

MFC70.DLLについて
Windows10を新しいコンピュータにインストールし,新たにFS2004をインストールしたとき”MFC70.DLL”が見つからないと言うエラーメッセージが表示されることがあるそうです。
MFC70.DLLは,ここからダウンロードできます。


fsedit.exeのヘルプファイル

fsedit.exeを使おうとする時ヘルプファイルを参照することになります。

このヘルプファイルは,Windows98以前に定義された形式で,chmファイルよりも古い形式です。

そのため,Windows10では,fsedit.exeに付属しているfsedit.hlpを開くことができません。

表示されたマイクロソフトのページには,Windows8.1までサポートしたWinhlp32.exeへのリンクがあります。

しかしこのリンクからダウンロードしたWinhlp32.exeはWindows10上ではインストールできません。

VMware上のWindowsXPを使ってHelpファイルを開く

そこで使うのが,仮想マシン上にインストールしたWindowsXPです。

デスクトップ上にfsedit.hlpをコピーします。

VMware上のWindowsXPを起動します。

FS98をWindows10上で動かすために必要なソフトウェアのインストール
FS98をWindows10上で動かす方法(2) 導入編 FS98をWindows10上で動かす方法(1) 準備編をご覧いただけましたでしょうか。 今回は,仮想マシンの導入とOSのインストール方法を説明します。 皆様方には,Windowsのインス...

デスクトップから,WindowsXPのウインドウにfsedit.hlpをコピーします。

コピーしたfsedit.hipをダブルクリックすれば,問題なく表示できます。

SDK付属のfsedit.hlpは英語で書かれています

無事hlpファイルが表示できたのですが,”Japan”フォルダーにあったヘルプファイルも英語で書かれていました。

“.hlp”形式のファイルを”.chm”形式に単純に変換するのであれば,”Universal Extractor“とマイクロソフトのヘルプツールを使えばWindows10上で変換ができます。
方法については,検索するとたくさんの方が記事にされていますので,参考にしてください。

私は英語が得意ではないので,このままではすぐ読めません。

そこで,WindowsXP上で表示されたヘルプファイルの文面をコピーしました。

そして,Windows10上のWordを開き文面を貼り付けます。

VMware workstation playerは,Windows10とWindowsXP相互のファイル交換やクリップボードが共用できるのが大変便利です。

そして出来上がった英文ファイルを,フィルター後Webページ(htm)形式で保存します。

そしてブラウザーで開き,日本語変換しました。

Google Chromeは,大変便利な多言語翻訳機です
Google Chromeを翻訳機として使う 海外のフライトシミュレーターデータをダウンロードしたとき,付属しているドキュメントは,フランス語だったり英語だったりします。 昔なら,辞書を片手に単語を引きながら翻訳したものです。 現在では,海外のサイトを見るとき,Go...

こうすれば,日本語で読めますね。

翻訳した各htmファイルをひとまとめのWindows10で読めるヘルプ(chm)ファイルに変換するには,”ヘルプましん”を使うと良いでしょう。

苦手の英文のヘルプファイルを克服できるツールがありました
英文のヘルプファイルには困ってしまいます。 きちんとまとまっていても,ブラウザーの翻訳機能が使えません。 ヘルプファイルのことを調べていたら「ヘルプましん」という素晴らしいツールが見つかりました。 ヘルプファイルを構造化したhtm群に変換してくれるツール...

fsedit.exeが,なんとか使える形でインストールできました。

fsedit.exeは使い方が難しいツールですから,しっかり勉強しないと使えませんね(^^;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク