スポンサーリンク

シェアウェア登録にバーチャルカードを使いました

Addit! Pro!の機能に納得したので,シェアウェア登録をすることにしました。

支払いは,クレジットカードが使えるのですが,カード決済には少し不安がありました。

いろいろ調べてみるとネット決済専用のバーチャルカードというものがありました。

今回は,それを使って支払いを行い,Addit! Pro!の登録ユーザーになりました。


シェアウェアの支払いにバーチャルカードを使う

不安のあった海外送金

これまでも,海外に送金することが数回ありました。

そのときにも,クレジットカードを使ったのですが,番号などの連絡に航空郵便を使ったり”Paypal”という代理送金システムを使ったりしました。

安全は確保できてますとのアナウンスがあっても,番号や有効期限が漏洩すると偽造カードが作られてしまうのではないかという不安はなくなりません。

でも,いちいち郵便で連絡するのもどうしたものかと考えていました。

バーチャルカードとは

いろいろ調べてみると,ネット決済専用のカードがあるのを知りました。

名前は”バーチャルカード”といいます。

このカードは,クレジットカード会社が発行してくれるのですが,本当のクレジットカードではなく,ネット専用の番号,有効期限,セキュリティコードを特別に発行してくれるというものです。

三井住友Visa バーチャルカードの説明書から引用

このカードでは,実店舗での買い物はできません。

つまり,偽造カードが存在し得ないということなんです。

利用情報は,ネットで確認できますし,利用上限は少額に設定できます。

また,事故時の補償も完璧と,私にとっては願ったり叶ったりのカードでした。

カードを発行してもらえば,ネット上でなら普通のカードと同じように使えるのでありがたいですね。

このカード,発行している会社はそこそこあるのですが,補償が付いているカードは多くありません。

私が,選んだのはこの補償付きの三井住友VISAカードのバーチャルカードです。

年間利用料金は,300円かかるのですが,安心して使う補償料と思えばしかたがありません。

申し込むと,実カードとバーチャルカードの2枚のカードが届きます。

私の場合,実カードは,保管するだけですね。

入会はここからできます。

申し込みの際に,携帯電話以外のメールアドレスと最新の残高を記載した引き落とし口座を設定する銀行の通帳を用意しておけば,発行手続きまでワンストップで終了できます。

私の場合,迷いながらでしたが,30分もかかりませんでした。

カードは申し込みから1週間足らずで届きました。
速いですね。

実際のシェアウェア登録作業

Addit! Pro!のシェアウェア登録料の支払いは,”ByteForge.com”から行います。

Addit! Pro!の”Register”メニューから,”ByteForge.com”のページに行くことができます。

Addit! Pro! の起動後画面のメニューで,”Regiter”をクリックする

登録料の支払い

”ByteForge”の Addit! Pro!のシェアウェア登録画面にいくと,真ん中に”PayPal”という黄色いボタンがあるのでここをクリックします。

ByteForge  Addit! Pro!の登録ページ

上の段は,Paypalアカウントを持っている人のためのメニューです。

表示された画面の下半分に,クレジットカード支払いの画面があります。

ここをクリックします。

クレジットーカード払いの選択画面

為替の扱いの選択画面が表示されます。

つづいて必要なカードの項目を入力します。

カード情報の入力画面

手数料を支払って,表示されている金額を払うか,カード会社のレートで支払うかを選択します。

どちらがお得かはわかりませんが,私は,カード会社のレートにしました。

為替オプション選択画面

選んで,”Agree and Pay”をクリックします。

支払いが終わったのですが,”PayPal”アカウントを作るよう催促されました。

解除コードの連絡用に登録が必要なので,しかたがありません。

必要項目を入力したら入力控えが出力されるので,印刷して保管しておきましょう。

手続きを済ませたら,Paypalから支払い完了メールが届きました。

そのメールには,2~3日で解除コードが届くとの記載がありました。

実際には,翌日に解除コードの連絡メールが届きました。

解除コードの登録作業

メールは英語でしたが,ブラウザの翻訳機能のおかげで日本語で読めます。

登録の名前と解除コードが記載されています。

届いたメールを翻訳した画面

名前と解除コードの入力

Addit! Pro!の画面には,タイトルに”<Unregitered>”と表示されています。

その下の”Register”メニューをクリックし名前と解除コードを入力します。

“Register Addit! Pro”ウインドウに,メールで連絡のあった名前と解除コードをコピーアンドペーストして入力します。

入力後に右下の”Register”をクリックすれば,解除コードの入力は終わりです。

Addit! Pro!の画面からは,<Unregitered>の文字とメニューの”Register”が消えました。

これから,この便利ツールをしっかり使っていくことにします。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク