スポンサーリンク

Windows10用のAddit! pro!のダウンロードとインストール

Addit! pro!は,フライトシミュレーターのアドオン管理ソフトです。

FS2002時代から開発され,最新版はP3D用がリリースされています。

FS2004用には,Windows10用に改訂された版がリリースされました。

このソフトの入手先とインストールについて説明します。


Windows10で動くアドオン管理アプリケーション(1)

昔のアドオン管理アプリケーションはWindows10で使えなくなった

私は,FS2004をWindowsXPで使っていた時代には,アドオン管理アプリケーションとして”Addon manager”通称”AOM“を利用していました。

AOMは,インストールした機体やシーナリーのうち使う物だけを,FS2004のフォルダーに残し,使わないモノは”ハンガー”という名前のフォルダーに圧縮して格納するという単純な整理用アプリケーションでした。

それでも,便利に使っていたのですが,Windows7以降のOSでは動かなくなったので困ったなと思っていました。

最近になってFS2004をWindows10で動かすようになって,たくさんの機体データやシーナリーを再び管理する必要が出てきました。

そこで,Windows10で利用できるアドオン管理アプリケーションを探したところ,”Addit! Pro! For FS2004 Ver 6.8.7″が見つかりました。

Addit! pro!の機能

“Addit! Pro! For FS2004 Ver 6.8.7″(以下”AP24v687″と略記します。)の管理機能は,AI機を含むアドオン航空機,シーナリーそしてフライトプランに及びます。

しかも航空機については,パネルの整合性チェックや同名の航空機との名称調整もできます。

“Pro!”と名付ける当たり自信のほどがうかがえます。

しかしながら,このアプリケーションはAOMと同じくシェアウェアなのです。

登録料は$19.95ですが,シミュレーターのバージョンごとにソフトウェアが異なるとの理由で,取得したライセンスはFS2004用のVer6.8.7だけにしか使えません。

Addit! pro!の入手とインストール

AP24v687の入手

AddIt! Pro! For FS2004は,リリースされてから時間が経っているので,フライトシミュレーター関係のメジャーなダウンロードサイトからはダウンロードできなくなっています。

Windows10で動くAP24v687は,byteforge.comからダウンロードできます。

”ByteForge”ページから引用

AP24v687のインストール

ダウンロードした”AP24v68.zip”を,デスクトップに展開します。

出来上がった”AP24v687″フォルダーを開きます。

この中に,”setup.exe”というインストーラがあるので,管理者権限でクリックしセットアップを実行します。

展開したフォルダー

AP24v687はWindows10対応と表記していますから,安心してインストールしましょう。

インストーラの実行

インストーラが起動すると,利用許諾画面が出ます。

淡々と進行しましょう。

利用許諾画面 ”accept..”を選択し,Nextをクリック

AP24v687のインストール先フォルダーについて

インストーラが起動すると,しばらくしてインストール先フォルダーを選択する画面が出ます。

ここで注意しなくてはいけないことがあります。

AP24v687は,アドオン航空機やシーナリーをフライトシミュレーターから退避する場所として,自身をインストールしたフォルダーを使います。

仮に,C:ドライブのプログラム用フォルダーにインストールした場合には,退避したたくさんのデータがC:ドライブに溜まって行くことになります。

ですから,インストール先のフォルダーは,C:ドライブ以外の場所を選ぶのが良いと考えられます。

インストーラはプログラムフォルダーに登録しようとします

私の場合は,F:ドライブをシミュレーター専用に割り当てているので,迷わず”F:\”にインストールすることにしました。

インストールフォルダーを指定する

指定したフォルダーが表示されている事を確認する

インストールの実行

インストール経過,すぐに終わります。

終了画面です この画面でのチェックは あまり意味がありませんでした

AP24v687の動作確認

プログラムメニューに”Addit! Pro For Flight Simulator 2004”というメニューが追加されています。

これをクリックして起動しましょう。

起動した Addit! Pro!

とりあえず起動できたので,何らかのアドオンを導入して動作確認をしてみました。

まだ登録前の試用版なので,冒頭画面の”I Agree“をクリックします。

リペイントデータの導入

そこで少し面倒な,”アプローチ アンド ランディング ジャパン”に付属しているB737-500にAerosimのページで公開されていたANKのリペイントデータを導入することにしました。

zipファイルを選択する画面です 操作に慣れていないので焦りました

このファイルは,zipファイルのままになっています。

しかも方法についての説明はありませんから,動作確認にはちょうど良いと考えました。

導入作業は,リペイントデータのzipファイルを格納しているフォルダーを開き,選択していくだけの作業です。

選択したzipファイルの内容が表示される

マニュアルがすべてHelpファイルになっていてしかも英語です。

しかたがないので,動作確認するところだけをピックアップして読み,苦労しながらなんとか導入することができました。

リペイント機体が表示されました

しかし,途中で操作を焦ったので,元のAerosim塗装の機体が消えてしまいました。

そこで,すぐにANKデータを削除して保管する操作を行いました。

元に戻すのは簡単で,無事復活できました。

元に戻った塗装の機体

削除したデータはフォルダーに保管される

削除の際に,保管するよう指示したので,データは”Addit Pro FS 2004\Cabinet”に保管されていました。

キャビネットフォルダーに保管されたリペイントデータ

とりあえず”AP24v687″は,Windows10で使えることを確認できました。

また,ヘルプファイルの中にもWindows10での動作保証した表示があったのは嬉しく思いました。

Windows10対応の表記がありました

マニュアルの翻訳はひと苦労です

マニュアルはWindows10でも表示できる”.chm”というファイル形式です。

しかしこのファイルは,”.htm”ファイルを元に作られているので,ツールを使って”.htm”ファイルに戻すことができます。

htm形式なら,直接ブラウザーの翻訳機能が使える訳です。

そのツールは,”ヘルプましん“というフリーウェアです。

このソフトの入手と使い方は,別の機会に説明を行うつもりです。


蛇足ながら,AP24v687のイントロダクションの一部の意訳を載せました。

Addit proを どのように動かすのですか?

飛行機のアドオンをダウンロードしてFlight Simulatorで使用したいとします。

ただAddit!を開いてください!

Addit! Pro!のインストールウィザードを開き,zipファイルを選択します。

プログラムはアドオンを分析して最適なインストールを決定します。

必要に応じて設定を微調整し,Finishを押します。

あなたのアドオンはインストールされており,すぐに使用することができます。

それは本当に簡単です!

あなたがインストールしたアドオンを管理することも同様に苦労はありません。

Addonをすばやく削除し,使用していないものを Addi Proのファイルキャビネットに移動してください。

さらにはアドオンをフォルダやzipファイルに再作成することもできます。

アーカイブするアドオンは自動的に圧縮され,ディスク領域を節約します。

航空機のパネルやサウンドをすばやく変更するには,航空機の編集画面を使用します。

航空機を選択し,[パネルの変更]または[サウンドの変更]を選択し,リストから新しい項目を選択します。

航空機やパネルに写真を割り当てることさえできます – 実際には,いくつかの写真が含まれています。

このプログラムは使いやすいですが,支援が必要な場合は,状況に応じたヘルプが助けとなります。

AP24v687:Helpの introductionから引用


この文書は,Helpファイルの自動翻訳をもとにpbook.jpが意訳しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク