スポンサーリンク

地域活動への参加で老人会デビューしました

私は,昔から運動は苦手な人間「運痴」です。

近所にお住まいの町内会長さんが家に尋ねてこられ,町内会主催の「ペタンク大会」に出られる人がいないとのことで,ぜひにとお願いされ参加しました。


ペタンク親睦大会で奇しくも老人会デビュー

いやだと言えなくて参加しました

会長とは20数年来の顔見知りであり,散歩途中で良く出会う方なので,断るとお困りだろうと思いました。

私は,やったことがないし,「運痴」ですよと逃げの言い訳をしました。

すると,「3人1チームのもうひとかたも初めての方ですし,車椅子の方も参加するスポーツですから大丈夫ですよ。」と言われ,観念せざるを得ませんでした。

運動嫌いの私は,「当日雨になればいいのに。」とまで思ってしまいました。

運動音痴(運痴)

運痴とは? 運動音痴(うんどうおんち)とは、運動能力が平均以下、もしくは他人より劣っている人間及びスポーツ全般を苦手とする者のことを指す。脚注^ a b c 東大生と学ぶ“運動音痴”の治し方 - 日経ビジネスオン...

ペタンク

参加してみると自分は若い世代だった

朝,会長さんが迎えに来られて会場に向かいました。

そのとき丁寧に参加のお礼を言われ,恐縮してしまいました。

会場に来てみてビックリ,ほとんどが私より10歳以上高齢の方ばかりだったのです。

うーん,凄いな高齢者パワー

開会式前の談笑のひととき,顔見知りが多いようです

親睦目的の大会

私が参加させてもらったチームは,町内会の地区グループの下位ランクであるBチームでした。

構成は,会長,私,会長の知り合いの方の息子さんでした。

その方は36歳だったのですが,町内会体育協会の役員だから欠員補充で参加したとのことでした。

会長によると,最近では「老人会」行事に若い人が参加することはよくあるとのこと。

それが冗談か本気かわからないのですが,参加できることには間違いないようです。

しかし,競技を始まって判ったのですが,参加者のみなさんは本当に上手なんです。

聞けば,毎日練習しているのだとか…。

しかも,高価なマイボールを持っている人もいらっしゃるとのこと。

いやはや,ビックリです。

そして高齢の女性が,しっかりコーチ役,審判と活躍されていました。

男性の方に強く指示されていて,その男性は少し引き気味なのが微笑ましかったです。
あとで聞いたら,ご夫婦で参加されていたのだとか…

あれこれ会話しながら,競技を楽しむ参加者のみなさん

なかなか参加者の名前を覚えられませんでした

初対面の方がほとんどだったので,名前を覚えようと努力しましたが,なかなか覚えられません。

やはり私の記憶力が衰え気味なのかもしれません。

試合を始めたら,結構楽しくてエキサイトするときもありました。

試合相手のファインプレーに拍手をしたり,試合のターンごとに道具片付けを共同でしたりするときの何気ない会話が心地よかったです。

終わってみると,グループ戦の三試合で,二勝一敗の第2位になり,ビギナーズラックで賞品をもらってしまいました。

グループ戦1位は,区の大会への出場権をかけて午後からのトーナメント戦を行うのだそうです。

トーナメント参加を決めた上位参加者の方々は,ノリノリでした。

一方で私は,3試合3時間立ちっぱなしでへろへろでしたから,負けてほっとしていました。

ボールを投擲する参加女性 上手です!

来年の大会に参加するかも

引っ込み思案の私が,ペタンク大会に参加することで,奇しくも老人会デビューになってしまいました(笑)

会長さんから「来年もよろしく。」と言われて,「まあいいっか。」と思ってしまったのが不思議でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク