スポンサーリンク

デフォルト737-400にJALリペイントデータをインストールする

デフォルトのエアラインの塗装は,いかにも架空ですよというものです。

実際に日本の空を飛ぶときには,やはり国内の航空会社の塗装で飛びたいですね。

そこで,デフォルトのB737-400にJAL塗装を施してみました。

私は,しばらく塗装データを導入することがなかったので,思い出しながら,わかりやすく説明してみます。


B737-400にJAL塗装を施す

リペイントデータとは

FS2004の機体に別の塗装を施すことを「リペイント」と言います。

少し,フライトシミュレーターを使ったことがある人であればよくご存じと思います。

このリペイントに使うデータをリペイントデータといい,対象となる機体データが定められています。

リペイントデータには対象の機体データがある

「このリペイントデータは○○用です。」とドキュメントに必ず書いてあります

逆に言えば,そのリペイントデータは,指定された機体以外には使えません。

特別な機体をインストールして,リペイントデータを導入するのは,作業が複雑です。

リペイントデータの導入方法を説明するのであれば,デフォルト機が良いと考えました。

B737-400用のリペイントデータのダウンロード

デフォルト機体のB737-400に使えるリペイントデータは,デフォルトB737-400用と書いてあるデータから探すことになります。

Flightsim.comからデフォルトエアライナーのリペイントデータを探してみました。

国内線で活躍していた,B737-400のJAL塗装が見つかりました。

ファイル名は,”b734_jal_japan_airlines.zip“といいます。

検索すれば,すぐに見つかりますよ。

Flightsim.comから引用

リペイントデータの導入方法

ダウンロードしたファイルをデスクトップに展開する

b734_jal_japan_airlines.zipをダウンロードしたら,このファイルをデスクトップに展開します。

展開すると”b734_jal_japan_airlines”と言うフォルダーができます。

このファイルを開いておきましょう。

デフォルトB737-400のフォルダー内での作業

つぎに,FS2004のフォルダー内にある”Aircraft”フォルダーを開きます。

デフォルトB737-400のデータは,”B737-400”というフォルダーにありますから,このフォルダーを探して開きます。

aircraft.cfgのバックアップ

開いたフォルダーの中にある”aircraft.cfg”のオリジナルファイルをコピーし”aircraft-cfg.org”と言う名前に変えておきます。

テクスチャーフォルダーのコピー

つぎに,”b734_jal_japan_airlines”フォルダーの中にある”Texture.JAL_NC”という名前のフォルダーを”B737-400”フォルダーにコピーします。

aircraft.cfgオリジナルをバックアップし,テクスチャーフォルダーをb737-400フォルダーにコピーする

デフォルトB737-400の定義ファイルの確認

”B737-400”内の”aircraft.cfg”をメモ帳で開きます。

デフォルトB737-400のaircraft.cfgをメモ帳で開く

ファイル内の[fltsim.○](○は数字)という部分を探します。

その数字が,4まであるはずです。

この[fltsim.○]というのが,塗装データを定義している部分です。

新しく塗装データを導入するのですから,[fltsim.○]の数字は,最後の4の次の”5”になる訳です。

デフォルトのB737-400のaircraft.cfgファイル内の塗装定義部分

新しく導入する塗装データの編集

つぎは,”b734_jal_japan_airlines”フォルダーの中にある”Flightsim.txt”の編集をします。

”Flightsim.txt”をメモ帳で開きます。

新しく導入するデータが”5”でしたから,先頭の[fltsim.x]を[fltsim.5]と書き換えます。

“description=”のところが英語になっていますから削除して,日本語版の定義部分をコピーして貼り付けます。

b734_jal_japan_airlines.zipを展開したフォルダー内にあるFltsim.txtをメモ帳で編集したもの

編集が終わったら,“Flightsim.txt”全体を選択し,ファイルメニューからコピーを選択しクリックします。

オリジナルの”aircraft.cfg”の編集

つぎに,”airacraft.cfg”の[fltsim.4]の”description=”の最後に1行空白行を挿入し,先ほどコピーした“Flightsim.txt”部分をペーストし追加します。

追加し終わったら,”aircraft.cfg”を上書き保存します。

これで作業は終わりです。

編集した部分を,デフォルトB737-400のaircraft.cfgに追加する

導入した塗装機体の確認

FS2004を起動します。

フライトの作成から,航空機メーカー”Boeing”を機種で”737-400″を選択します。

バリエーションから”JAL-Japan Airlines”を選びます。

定義ファイルに不備がなければ,JAL塗装の737-400が表示されるはずです。

この画面に表示されないときには,テクスチャーファイルの記載に誤りがあることが原因なので確認しましょう。

FS2004の機体選択画面に表示されたJAL塗装機

FS2004の画面に表示された JAL塗装のB737-400

これで,リペイントデータの導入作業の説明は終わりです。

Flightsim.comだけでなく,AVSIM.libraryにもいろいろなリペイントデータがあります。

また,商用データの”アプローチ アンド ランディング イン ジャパン”に付属していた機体にも,国内航空会社のリペイントデータがたくさんあります。

私も,これからいろいろ導入して楽しむことにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク