スポンサーリンク

年をとったらタブレットが便利

タブレット端末を使い始めて5年になります。

購入当初は,スマートフォンとの併用で使おうと考えていました。

還暦を過ぎて数年経って,ほとんどタブレットを使う毎日になってしまいました。

それは何故なのかをお話しします。


タブレットを購入するきっかけ

私が最初に購入したタブレットはNECのN-08Dという端末でした。

キャンペーンでかなり安価に購入できた事をおぼえています。

このタブレットは,主に仕事上で地図の確認に使っていました。

そのうち,電子書籍を読むために使い始めたのですが,電子書籍のダウンロード速度の遅さに嫌気がさし,2年間の契約更新時に,WiFiモデルのiPadに切り替えました。

iPadを嫁さんに取られてしまいました

使い始めてすぐ,嫁さんが「あなた,そんなに大きいモノを持ち運べるわけないじゃない。家に置いていきなさい。」と言うのです。

「そうだなぁ,少し重いからな」と納得し,家に置いておきました。

しばらくして,家のiPadを私が使っていると,嫁さんがこう言うのです。

「それ,キーボードがないから私の好みだわ,私が使いたいのだけれど。」
びっくりして,「ええっ」と言ってしまいました。

確かに,嫁さんは大のキーボード嫌いなんです。

タブレットは,タッチするだけなので,便利だからと料理のレシピの調べ方を教えたのは,私なのですが,いつの間にか使いこなしていたんですね。

嫁さん専用のiPad,使い込まれているのでほぼ毎日充電します

「まあ,いいか」と,私は小型のWiFiモデルのiPad miniを別途購入しました。
スマートフォンとの併用で外でも使えることと,電子書籍を読むのにA5サイズがちょうど良かったからでした。

使い始めて5年ですが,機能に不満はありません。

メールの送受信や,簡単なネットブラウズにも使います。

ちょっとつらいのが,指の脂っ気が少なくなってきたので,スクリーンタッチの反応がいまいちと感じられるくらいです。

私専用の iPad mini, ほぼ2日に1回の充電です

老眼になったらガマンするのはダメだそうです

仕事をやめる前に,「小さい字が読みづらいなぁ」と思って眼科に行ったら,「老眼は,ガマンするとつらいですから,少し強い度の眼鏡を作りましょうね。」と言われました。

それから2年経っているのですが,また少し度が進んだようです。
タブレットの字を小さく設定していたのですが,だんだん見えにくくなってきました。

老眼というのは,暗いところで見えにくくなること,小さい字が見えにくくなるモノなのだそうです。

タブレットは,LEDで画面が光るのでコントラストが強く読みやすいと感じます。

また,設定で標準で表示する字の大きさを大きくできることと,タップで一時的に拡大表示できる機能があります。

字を大きくすると読みやすくなります

まさしく,還暦過ぎの私には至れり尽くせりの機能を持っています。

ガマンせずに,画面表示の字の大きさを一段階大きくしました。

まだ最大まで,あと2段階残っています。

まだまだ,使えそうですね(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク