スポンサーリンク

全世界の航空チャートが見られるサイトがあります

昔は,航空チャートを入手するために,

書店や地図専門店で注文しました。

現在は,全世界のチャートを無料で入手できます。

なんと素晴らしいことでしょう!


航空チャートを見られるサイト

それは「Skyvector.com」です。

このサイトは,昔から有名なサイトで,Googleで「Skyvector」で検索すると,いろいろ出てきます。

使い方についても,記事はありました。

けれども,専門の人たちには当たり前のような用語が ポンポンでてきます。

わたしのようなシミュレーターパイロットには,いまいち使い方がわかりませんでした。

このサイト,改良が進んでいるようで,チャートを出す手順を整理してみました。


航空チャートを出す手順

Skyvectorサイトを表示させる

Googleで「Skyvector」を検索します。

ここをクリックする

表示された「Skyvector」サイト


表示されたサイトの「Airport」部分をクリックする

上の方に「Airport」と書いてあるアイコンがあります。

では,おなじみの東京国際空港のチャートを表示させましょう。

矢印の部分をクリックします


Lookup Airportのページでの手順

Airportのアイコンをクリックすると,Lookup Airportという,空港の検索ページが表示されます。


「Japan」をさがそう

このページのなかの「Japan」をさがしてクリックします。

真ん中の列の下あたりにあります

ここをクリックすると,次の画面に変わります。

日本の都道府県別に空港の数が表示されたメニューが出てきます。


「Tokyo」をさがそう

2列目の下から2番目に「Tokyo」というところがあるので,ここをクリックします。

そうすると次の画面に変わります。

東京都にある4つの飛行場がメニューにでます。


「東京国際空港」:”RJTT – Tokyo International . Airport”の表示

このなかから お目当ての「東京国際空港」:”RJTT – Tokyo International . Airport”をクリックしましょう。

次の画面が表示されます。

このページには東京国際空港の諸元データが表示されています。

ここまで詳しい物がオンラインでみられるのは感激です。

さて,お目当てのチャートを表示させましょう。


航空チャートを表示する

VFRチャートを表示させよう

まず,左側の「VFR Chart of RJTT」の大きなアイコンをクリックしましょう。

そうすると次のようなVFRチャートが表示されます。

範囲や拡大はチャート内でマウスをクリックしたり,チャート右下の「+ -」のアイコンをクリックします。

いろいろクリックしてみるとコツがわかります。

このページには,フライトプランを作る機能もあるのですが,また別の記事で紹介します。

作成したフライトプランの例


IFRチャートを表示させよう

つぎにIFRチャートを表示させる手順です。

「東京国際空港」:”RJTT – Tokyo International . Airport”をクリックしたときの画面に戻りましょう。

この画面の2番目のアイコン「IFR Chatrt of RJTT」をクリックするだけです。

矢印のアイコンをクリックする

そうすると,次のようなIFRチャートに変わります。

いやはや,すごすぎのサイトですね。


航空写真を表示する

おまけにGoogle Mapにもリンクがあります。

矢印の部分をクリックする

3番目のアイコン「Google map of RJTT」をクリックすると,つぎのような航空写真に変わります。

私はこのサイトを見つけたとき,すぐさま,お気に入りのメニューに登録しました。


ICAOコードを知っているときの直接検索

東京国際空港のICAOコードは「RJTT」ですから,”Serch for Airport”の画面で「RJTT」とタイプすれば,すぐに東京国際空港の画面に移行します。

コードを知っているときのスゴ技になりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク