スポンサーリンク

Windows10上のFS2004を動かすときマウスにちょっと注意を

Windows10は,ポインターの位置を敏感に反映してメニューを表示する機能を持っています。

そのためか,FS2004を動かしているとき思わぬ状況に陥ってしまうことがあります。

それを防ぐために,事前設定をしておきましょう。


ポインターを見失わないために

真っ黒画面でポインターを見失う

FS2004をフル画面で動かすように設定したまま終了したとします。

次回起動したとき,画面は真っ黒になって,真ん中に小さい設定画面が出てくることになります。

ポインターが見えなくなっていませんか。

ポインターは,いったい,どこに行ったのでしょう。

実は,ポインターは黒い画面のどこかにあるのですが,見えなくなってしまっているのです。

この状態で,マウスを適当に動して,運良く白っぽい部分にポインターが動けば,見えるようになります。

でもそれでは,スマートではありませんね。

こういうことにならないよう,事前にマウスポインターの設定を済ませておきましょう。


Windows10のポインターオプションの設定

画面右下のアクションセンターをクリックします。

つぎに,一番右の「すべての設定」をクリックすると「Windowsの設定」が表示されます。

その中の「デバイス」をクリックしましょう。


表示されたら,左のメニューの「マウス」をクリックします。

マウスメニューが表示されるので,関連設定の「その他のマウスオプション」をクリックします。


表示された「マウスのプロパティ」ウインドウの一番下に「Ctrlキーを押すとポインターの位置を表示する(S)」のチェックボックスがあるので,チェックしてから,「OK」をクリックします。

これで,画面が真っ黒になってポインターが見えなくなっても「Ctrlキー」を押せば白い○が画面に一瞬表示されるので,位置がわかります。

あとは,明るい部分にポインターを動かすだけです。


FS2004の設定

Windows10のポインターはくせ者

Windows10は,ポインターの動きをそれまでのWindowsよりも細かく監視し,ポインターがウインドウから外れると「タスクが変わった」と認識します。

そのため,FS2004をウインドウモードで動かしているときポンターをFS2004のウインドウ外に動かしてしまったり,振動でマウスが動き,ポインターがウインドウ外に動いてしまうと「タスクが変わった」と認識されてしまうのです。

Photo from flickr


FS2004のポーズを設定する

ウインドウ外にポインターが動いても,FS2004がポーズしないようにする設定があります。

FS2004のメニューから,設定一般を選び「タスク切替時にポーズ(P)」のチェックボックスを外し,OKをクリックします。

この設定だと,ポインターがウインドウ外に出るとポースしてしまいます。

これで,ポインターがウインドウ外に出てもFS2004が止まってしまうことはなくなります。

チェックボックスをクリックしてチェックを外しOKをクリックする。


一時停止したいときにはキーボードの「p」を押せばポーズ状態になります。

ウインドウを分けて表示するときは,”p”キーを押してポーズさせましょう


以上の2つを設定しておけば,Windows10上でFS2004を動かすときのポインターのトラブルは防げるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク