スポンサーリンク

Windows10上のFS2004ではフレームレート低下を気にする必要はありません

フライトシミュレーターのフレームレートって気になりますよね。
重ければ,遊ぶ気にもなりません。

昔カクカクだったから,FS2004をお蔵入りにされた方も多いのではないかと思います。

私は,FS2004なら軽いよと言い続けていますが,実際のところをデータで検証することにしました。


フレームレートの話

一秒間に流すコマ(フレームといいます)数のことをフレームレートといい,fps(frames per second)という単位で表現します。

画像切り替えの速さですが,映画なら1秒間に24コマ,TVなら1秒間に30コマです。
Youtubeは標準で1秒間に30コマ,特別版で1秒間に60コマです。

ワンセグは,1秒間に15コマですので動きがスムーズじゃないと感じることがあります。

映画でも24コマですから,動画を見るには,1秒間に30コマあれば十分だと言うことがわかります。

アクションゲームを好む方が,フレームレートを気にする気持ちはわかります。
一瞬の油断で,敵に攻撃されて負けてしまうリスクがあるからです。
1/60秒に反応する反射神経は,素晴らしいモノだと思います。

私のように年をとると,反射神経は少し怪しくなってきます(笑)


FS2004のフレームレート設定

フライトシミュレーターを使う時,フレームレートが気になるのは着陸の時です。
着陸時に画面更新が遅いと,操縦できないままクラッシュしてしまいます。

FS2004が発売されたとき,FS2002に比べて軽くはなったがまだ重いとか,カクカク表示で使えないといった意見がありました。

ですから,私もコンピューターの性能を向上させようと,部品への投資を繰り返した時期もありました。

今ではコンピューターの性能が向上して,FS2004で38mメッシュシーナリーを使用しても重くなることはなくなりました。

FS2004の表示設定で,シーナリー,雲や航空機の表示設定を一番複雑にし,ダイナミックシーナリー(AI機など)を一番多く表示する設定にして遊ぶことができます。

では,どのくらいのフレームレートだと大丈夫なのでしょうか。
動画と同じ設定の30では,心許ないと思われる方もいらっしゃるでしょう。

そこで,ターゲット フレームレートを60にして検証してみました。

ターゲット フレームレートの設定

検証に使用したコンピューターの性能

私のパソコンは2年前に更新したものです。
性能は,最新のゲームパソコン仕様からは,劣っています。

購入当時の目標は,最高スペックの少し下あたりという目標でした。
恥ずかしいので,公表はご容赦ください。

FSXのシーナリーの設定を普通にすれば,不満なく遊べる程度とご理解ください。


フレームレート変化の検証

検証の舞台

検証の舞台は,デフォルトのセスナ172SPで広島空港にILSで着陸する場面です。

広島空港は,商用シーナリーの「みんなの空港」を使います。

また地形データーは,38mメッシュシーナリーを有効にしてあります。


シーナリーの設定

表示設定をすべて複雑のレベル,ダイナミックシーナリーも多い設定にしてあります。
この設定なら,風景やAI機出現についての不満は,ありません。

シーナリー設定

航空機設定

気象設定


実際のフレームレート

通常の操縦席

遠景もきれいですし,ダイナミックシーナリーで樹木がたくさん表示されています。

空港に接近するまでのフレームレートは,59.5~60.0程度です。

これは,目標値どおりです。


外部視点

外部視点でもフレームレートは同じくらいで,低下はありません。

視点を動かしても変化はありません。


バーチャルコックピット

バーチャルコックピット内にマウスカーソルがあるとフレームが低下するという記事を見ました。

バーチャルコックピットは,マウスの動きを見ているから遅くなると言うものでした。
Windows10は,これまでのWindowsと違っていつもマウスの位置を把握してメニューを表示するなどインターフェースにこだわっています。

Windows10なら,どうなるでしょうか。

実際の画面です。
59.7~60.0で,影響はないようです。

これなら,バーチャルコックピットを普段から使うこともできますね。


フレームレート検証結果

つまり,性能が向上した最近のコンピューターであれば,フレームレート60の設定なら,全く影響はないことがわかりました。

FSXはともかく,FS2004ならばフレームレートの低下を気にすることはないようです。

しかもバーチャルコックピットを積極的に使うこともできます。

これからも,フレームレートなど気にせず,フライトシミュレーターをしっかり楽しみましょう。

この検証は,フレームレート低下に影響がある雲の表示が少ない状態で複雑なシーナリーを描画するという条件で実行しました。
雲中飛行では当然のことながらフレームレートは低下します。
また,AI機が多い状態でも低下することがあることをご了解ください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク