スポンサーリンク

再現できる? オーバーランド「日本のエアライン」

フリーウェアを集めて作る「日本のエアライン」

オーバーランド ホームページから引用


オーバーランド・シマーズスカイ 「日本のエアライン」

オーバーランドが2004年8月から2005年8月の1年間だけ販売していた「日本のエアライン」は,こだわりの稼働パーツが特徴の素晴らしいデータ集です。
私は,いつか買おうと思っていて,いつの間にか販売終了していたという気持ちです。
今回調べてみて,販売期間が1年間と極めて短い期間だったことを知り,驚いてしまいました。

機体の制作は,浦川 勉氏が手掛けられています。

リリースのご苦労は,浦川 勉氏のサイト「ダイナミックシーナリー工房」に掲載してある,世界のエアライン「プロダクト奮闘記」にまとめられています。


「日本のエアライン」機体データを集めてみた

現在「日本のエアライン」は、中古市場でプレミアがついています。
とても手に入れられるような価格ではありません。

そこで,フリーウェアで集めることができないか、調べてみました。

調査時間が短かったので調査対象をflightsim.comに限定し,リペイントデータもフリー機体向けにリリースされているものに絞りまし含めました。

まず「日本のエアライン」で提供されている機体は,次のとおりです。

オーバーランド ホームページから引用


このデータをflightsim.comで検索しました。

FS2004用とFSX用にライブラリに存在しているものに”○”ないものに”✖”を付けて,一覧表にまとめてみました。

2017年8月13日現在のデータです。
(市販ソフトを加えて,修正追記しました。)

FS2004では95%、FSXでは43%となりました。

FS2004限定ですが,ほぼ揃いました。

一方で,FSXでは意外に少ないんだなと感じました。


FSXでも市販商品のリペイントデータを含めれば再現は可能?

調査している間に気が付いたことがあります。

「日本のエアライン」の後にリリースされた「世界のエアライン」用のデータが多いことです。

日本の航空会社のリペイントデータが,「世界のエアライン」用に多数提供されていたのです。

「世界のエアライン」は,現在でも販売が続いています。

「世界のエアライン」などの市販アドオン機体のリペイントデータを網羅したて,「日本のエアライン」再現調査と「2017年ー日本のエアライン」の調査をしてみたいと思います結果を、別の記事でまとめました。

フリーデータでそろえる日本のエアライナー
日本のエアライナーの機材データをフリーデータで集める 日本のエアライナーのフリーデータリスト FS2004用に販売されていた「日本のエアライン」に収録されている機材についての調査結果は,別記事にまとめました。 調べている間に,日本のエアライナーの...

追記:再調査の結果,2017/08/13に表の一部を修正しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク