スポンサーリンク

Ortho4XPで作成したタイルの色修正を行う方法

Ortho4XPで作成したフォトシーナリーには,所々色の変な場所が表示されることがあります。異なる条件で撮影した航空写真を一つにまとめているのでしかたがないことなのでしょう。けれどもX-Plane11で使う時には違和感があるので修正したいと考えます。この修正方法についてYoutubeに説明動画がありましたが,英語が得意でない私には聞き取れませんでした。字幕と半速再生で内容を読み取り資料としてまとめました。実例も交えて説明したのでご覧下さい。


Windowsのフリーウェアを使ってOrtho4XPで作成したタイルの色修正を行う方法

タイルの色修正説明動画

Ortho4XPで作成したフォトシーナリーには,所々色の変な場所が表示されることがあります。

色の変化は,上空からみると一目瞭然です。

修正途中のシーナリー,黄色いだ円の左側が修正を終えたタイル

航空写真提供機関は,異なる条件で撮影した航空写真を一つにまとめているのでしかたがないことなのでしょう。

けれどもX-Plane11でフライトしているときには,かなり違和感があるので修正したいと考えます。

この変色しているタイルの修正方法についてYoutubeに説明動画がありました。

Ortho4XP 1.30 | How to COLOR CORRECT Miscolored Areas in Photoreal Scenery [Tutorial|X-Plane 11]

けれども英語が得意でない私には聞き取れず,操作が早いので見ただけでは理解できませんでした。

そこで字幕と半速再生で内容を読み取り,別ページに変更手順を資料としてまとめました。

Ortho4XPで作成したタイルの色修正を行う手順 広島県呉市黒瀬町の区域を例にOrtho4XPで作成したタイルの色修正を行う手順を説明します。 修正の準備 1 変色したタイルの発見 色のおかしいエリアのddsタイルを"zOrtho4XP_+34+132>tex...

タイル色修正のツール

Ortho4XPで作成したフォトシーナリーには,”Texture“というフォルダー内に”.dds“という拡張子の付いているタイルが多数収められています。

タイルの色修正は,この個々のタイルについて修正を行う必要があります。

そこで,”.dds”ファイルを,簡単に扱えるツールが必要になります。

私が先にご紹介した”gimp“は,OSの種類を選ばずに”.dds”ファイルを扱えるツールですが,動作が重いという課題があります。

私が利用しているWindows10には,”paint”というアクセサリーがあります。

その軽い操作性をそのままにレイヤー機能を備えた”.dds”ファイルを簡単に扱える”強力でありながらシンプルな画像および写真編集ツール”といううたい文句のフリーウェアがあります。

そのフリーウェアは”Paint.net“といい,サポートサイトからダウンロードできます。

“dot.pdn”から引用

このツールを動かすには”Microsoft .NET Framework 4.7.1“が必要ですので,あらかじめ導入しておきます。

ツールのインストール

ダウンロードした”paint.net.4.2.12.install.zip“を適当な場所で展開します。

展開してできた”paint.net.4.2.12.install“フォルダーを開き,中にある”paint.net.4.2.12.install.exe“を管理者権限で実行します。

インストール時に,使用言語とインストール先を選ぶことができます。

このツールはWindowsアクセサリーの”Paint”の上位互換として開発されていることもあり,インストール先はWindowsのプログラムファイルで問題はありません。

Tileの修正手順

詳細な操作手順は,修正手順のページをご覧頂くことにして,概略を説明します。

1 修正するタイルの発見
修正するタイルは,通常は1枚の写真から分けられた複数のタイルがあります。
これを,Textureフォルダーから発見するのが最初の仕事です。
2 修正するタイルをバックアップする
修正は元に戻す事ができないのと修正手順の都合から,作業の前に必ずバックアップ
を作ります。
3 タイルを色修正し,上書き保存します。
4 X-Plane11で結果を確認しながら,修正を繰り返します。
5 一つのタイルの修正が完了したら,そのタイルを修正したデータを元に隣接する
タイルの修正を行います。
6 すべての変色したタイルの修正が終わったらひと区画の修正作業は終了です。

以上の修正手順を,広島県呉市黒瀬町を例に説明しています。

修正を終えた黒瀬町の区域

まとめ

修正手順は面倒ですが,慣れてくると結構早く修正できるようになります。

私の例ではショートカットに習熟するまでは,一つのタイル修正に15分以上かかりましたが,最後の頃には3分程度で終えることができるようになりました。

面倒なのは,色修正データを決めるまでなので,じっくり取り組めば技法はすぐに習得できます。

手順は,忘れっぽい自分のために作った資料です(^^;

読者の皆様におかれましては,資料を参考にフォトシーナリーを完成させてください。

Enjoy, Flight!


この記事の画像は,次の製品のオンラインバージョンアップ版11.41r1を使って表示しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク