スポンサーリンク

ナイル川の巨大ダムを楽しむVFR

エジプトのアスワン・ハイ・ダムはナイル川をせき止めてつくられ,アブシンベル神殿を移動させる原因となった巨大なダムです。このダムのすぐ近くにアスワン国際空港があります。近代的なアスワン国際空港と周辺の地形と巨大なダムをVFRで楽しむために二つのシーナリーを組み合わせて使う方法を説明します。


近代的なアスワン国際空港からアスワン・ハイ・ダムをVFRで楽しむ方法

アスワン・ハイ・ダム

エジプトのアスワン・ハイ・ダムはナイル川をせき止めてつくられ,アブシンベル神殿を移動させる原因となった巨大なダムです。

くわしくは,Wikipediaの記事をご覧ください。

“The Egyptian-Soviet Friendship Tower, Aswan, Egypt.” by Elias Rovielo. Photo from flickr

このダムのすぐ近くに,アスワン国際空港(HESN)があります。

ダムと空港の位置関係は下の画面をご覧ください。

Skyvectorから引用

アスワン国際空港の空港ターミナルには巨大なモザイク画が描かれています。

X-Plane11用のアスワンダムと空港シーナリー

周辺の地形と巨大なダムをVFRで楽しむために,先の記事でご紹介した”Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl“シーナリーを使います。

アスワン空港の新しいシーナリーは,”Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl“シーナリーに含まれているアスワン空港だけを新しくするものです。

この二つのシーナリーを組み合わせて使えば,新しいアスワン空港からアスワン・ハイ・ダムのVFRを楽しむことができます。

シーナリーのダウンロードとインストール

ダウンロード

アスワン空港

タイトルは”Aswan International / HESN / ASW 1.0“で,X-Plane.orgからダウンロードします。

X-Plane.orgから引用

空港を表示するために必要なライブラリーは次のとおりですので,あらかじめ導入を済ませておいてください。

FFlibrary
Flags of the World
OpenSceneryX
R2Library
ruScenery
XAirportScenery
周辺の地形とダムのシーナリー

先に書いたように,”Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl”シーナリーは,私が以前に紹介したシーナリーです。

エジプトには歴史的に有名な場所が多いのでX-Plane11でもかなりの数のランドマークシーナリーが公開されています。今回注目したのは,ナイル河畔にあるアブシンベル神殿です。移設工事で一躍有名になったこの神殿を含むシーナリーが3種類あったのでそれぞれの特徴をご紹介します。 ...

このシーナリーには,アスワン空港のシーナリーが含まれていますが,過去の空港を再現したもののようでターミナルビルの形も異なり,空港内に巨大なハンガーがあります。

“Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl”に入っているアスワン国際空港シーナリー

そこで,この古い空港を隠すために”HESN – Aswan – MASK“シーナリーを作りましたので,ここからダウンロードしてください

インストール

3つのシーナリーを適当な場所で展開します。

できあがった”HESN – Aswan“,”HESN – Aswan – MASK“,”Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl“の3つのフォルダーをX-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にコピーします。

Scenery packs.iniファイルの編集

つぎにX-Plane11をスタートし,メインメニューが表示されたらすぐに終了します。

X-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にあるScenery packs.iniファイルをメモ帳で開きます。

先頭近くにある”HESN – Aswan”,”HESN – Aswan – MASK”,”Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl”の3つのフォルダーの定義順を次の画面のようにします。

画面は私が前にご紹介したルクソールやアブシンベルシーナリーのマスクを含めています。
こうすれば,ナイル川の下流から上流までの古代遺跡をきちんと表示できるようになります。

X-Plane11での表示

アスワン空港の17番滑走路から出発します。

正面は砂漠とアスワン・ハイ・ダムのダム湖ですから何もありません。

右に丘があるのでその裾野が見えます。

この地形は,”Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl”によるものです。

空港ターミナル

空港ターミナルビルのエプロン側の壁画をみごとに再現しています。

エプロン側のビル壁面には壁画が見えます ビルの向こう側にアスワンダムが見えています

また正面玄関のアスワン空港の看板もしっかり描かれています。

アスワン・ハイ・ダム

離陸してすぐ左手に,アスワン・ハイ・ダムが見えます。

巨大なダムですのですぐに見つけることができます。

このダムは,”Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl”によるものです。

アスワン・ハイ・ダムが建設された理由は周辺の地形を見るとよくわかります。

デフォルトシーナリーでは,この地形は目にすることはできません。

かなり広範囲の地形を再現してくれているので,ゆっくりとダム湖周辺を見て回りましょう。

実際にみたことがないので確認しようがないのですが,Googlmapの3D画面で観察したところでは地形が垂直方向にすこしデフォルメされている気がしました。

また試しにダム周辺のフォトシーナリーをZL=16で作成してみましたが,ここまでの起伏の丘は確認できませんでした。

空港の南西側に結構標高のある丘があります

まとめ

“Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl”シーナリーは,アスワンハイダムが作られた地形的な理由を理解できるシーナリーです。

この少し古いシーナリーは,ナイル川沿いにある遺跡をしっかり楽しんでもらおうという思いが感じられる良いシーナリーだと思います。

またこのシーナリーを活かして,新しいアスワン国際空港を導入できたことを嬉しく思いますし,2つのシーナリーを公開していただいた作者の方々に御礼を申し上げます。

ありがとうございました。

Enjoy, Flight!


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版11.41r1を使って表示しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク