スポンサーリンク

古代遺跡満載のエジプトの古都をVFRで楽しむ方法

ルクソールはエジプト古代遺跡がたくさん集まっている街で,大きな神殿や王家の谷でも有名です。このルクソールをVFRで楽しむためのシーナリーをご紹介します。古代遺跡をスッキリと表示するための付加シーナリーもご紹介いたします。


古代遺跡であふれる街ルクソールをVFRで楽しむ方法

古代遺跡の街ルクソール

ルクソールはエジプト古代遺跡がたくさん集まっている街です。

首都カイロからナイル川を遡って,アスワン・ハイ・ダムまでの途中にあります。

大きなルクソール神殿や王家の谷は世界的に有名です。

ルクソールの街の中にある遺跡の位置など詳細は“南風博物館”の”ルクソール詳細図”のページをご覧下さい。

“Luxor” by Francis. Photo from flickr

このルクソールには基地と併設されている大きな国際空港があります。

ルクソール空港シーナリー

シーナリーノダウンロードとインストール

ダウンロード

ルクソール空港シーナリーのタイトルは”HELX Luxor“で,X-Plane.orgからダウンロードします。

このシーナリーには,ルクソール神殿のオブジェクトも付属しています。

X-Plane.orgより引用

シーナリーを表示するために必要なライブラリーは,OpenSeceneryXですので,あらかじめインストールしておいてください。

また,このままではルクソール神殿遺跡内にたくさんの木や道路が表示されます。

これらを隠す”HELX Luxor Mask“シーナリーを作ったのでこちらからダウンロードしてください。

インストール

ダウンロードした”HELX Luxor.zip“ファイルを適当な場所で展開します。

出来上がった”HELX Luxor“フォルダーの中にある同名の”HELX Luxor“フォルダーをX-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にコピーすれば導入作業は終了です。

このままでもルクソール空港は表示できますが,町並みや遺跡を表示するためには”w2xp_Africa“ライブラリーを導入しておきましょう。

加えて周囲のバザールを表示するには,私が先にご紹介した”Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl“シーナリーを導入しておきます。

エジプトには歴史的に有名な場所が多いのでX-Plane11でもかなりの数のランドマークシーナリーが公開されています。今回注目したのは,ナイル河畔にあるアブシンベル神殿です。移設工事で一躍有名になったこの神殿を含むシーナリーが3種類あったのでそれぞれの特徴をご紹介します。 ...

なお,このシーナリーを併用するときには,ルクソール神殿が2つ表示されるので,私の作った”HELX Luxor Mask“シーナリーを必ず使ってください。

Scenery packs.iniファイルの編集

すべてのシーナリーをCustom Sceneryフォルダー内に入れたら,X-Plane11をスタートしメインメニューが表示されたらすぐに終了します。

つぎにCustom Sceneryフォルダー内にあるScenery packs.iniファイルをメモ帳で開きます。

一番上あたりにある”HELX Luxor”,”HELX Luxor Mask”,”Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl”の3つのシーナリーの順番が次の画像のようになるよう編集します。

この順番でないと正常に表示されません。

実のところ,”HELX Luxor”,”Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl”のLuxor神殿の相互の位置がかなりずれていました。

どちらが正しい位置なのかをWEDで判断し“HELX Luxor”の方が正しいと判断しました。

WEDで表示した”HELX Luxor”シーナリーの神殿オブジェクトの位置

けれどもX-Plane11.41で表示させると,神殿の位置がOSMデータと整合がとれていないように思えます。

他のシーナリーの事例もあるのでX-Plane11.50が公開されれば正しい位置に表示されると思います。

X-Plane11での表示

ルクソール空港

空港ターミナルは,Wikipediaに掲載してある実物と見比べるとよく再現してあります。

空港内を表示すると空港内に戦闘機の格納庫らしいものが多数見られます。

また空港の前庭にはMig戦闘機が展示してあります。

ルクソール空港は,基地が併設されている空港のようですが,調べても詳しいことが書かれていません。

空港の全景:右側の広い誘導路は,昔の滑走路です

空港の西側にはバザールがあります。

“Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl”シーナリーを併用したときの画像です。

王家の谷とルクソール神殿を巡るVFR

街の中には至る所に遺跡が点在していますのでこれらを巡るVFRに出発します。

フライトをスタートし20番滑走路から離陸します。

王家の谷を目指して330度に進路をとり高度2000フィートくらいで飛行します。

Skyvectorより引用

ルクソール神殿は大きいのですぐに見つかります。

矢印の下がルクソール神殿です

神殿を間近に見ましょう。

神殿をすっきり表示させるには,”Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl”の定義に”_DISABLED”を付加して無効化してください。

“Nile Valley with Luxor-Assuan-Abu Simbl”シーナリーを無効化したときの画像です。

残念ながらルクソールの街にある個別の遺跡ははっきりと見分けがつきません。

VFRで見つけた遺跡の画像をいくつかご紹介します。

王家の谷を見たら左に旋回してルクソ-ル空港に戻ります。

15分程度で終わる短いVFRですが,結構楽しめます。

まとめ

ルクソール神殿は有名な遺跡なので,多くのシーナリーがあります。

ルクソールにある他の遺跡もランドマークに追加されたらいいのになと思います。

世界中の遺跡や歴史的建物もランドマークになるので,VFRでのランドマーク探しの楽しみは尽きませんo(^-^)o

Enjoy, Flight!


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版11.41r1を使って表示しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク