スポンサーリンク

デフォルトシーナリーにちょっとしたランドマークを簡単に加える方法

高性能のPCインフラを持っているひとには気にならないことでしょうが,X-Plane11をなんとか動かしているひとにとってフォトシーナリーや”Jaspan pro”ライブラリーなどは重くて使えないものです。けれども飛行しているときの目印になる東京スカイツリーなどのランドマークは,どんなときにも役に立ちますので付け加えたいものです。X-Plane11デフォルトシーナリーで使える世界中の主要なランドマークを一括で導入できるシーナリーがあるので紹介します。


いろいろなレベルのシーナリーで使えるたくさんのランドマークを一括して導入する方法

高性能ではないPCでX-Plane11をなんとか動かしているひとにとってフォトシーナリーや”Jaspan pro”ライブラリーなどは重くて使えないものです。

けれども飛行しているときの目印になる東京スカイツリーなどのランドマークは,どんなときにも役に立ちますのでデフォルトシーナリーに付け加えたいものです。

X-Plane11デフォルトシーナリーをはじめとしてフォトシーナリーや高精細メッシュシーナリーでも使える世界中の主要なランドマークを一括で導入できるシーナリーがあります。

Japan proを使わずに東京スカイツリーを表示できるライブラリー

ダウンロードとインストール

ダウンロード

このライブラリーは”X-Plane Extra Landmark Package 1.0.9“というタイトルで,X-Plane.orgからダウンロードできます。

X-Plane.orgより引用

含まれているランドマークの一例を画像で紹介します。

X-Plane.orgより自動翻訳した部分を引用

このリストは”X-Plane Extra Landmark Package 1.0.9“の記事の中にあるリストを日本語に自動翻訳したものです。

インストール

インストールは,ダウンロードした”Extra Landmarks.zip“をX-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内に展開するだけで完了します。

X-Plane11をスタートさせ,メインメニューが表示されたらすぐに終了します。

Scenery packs.iniファイルの調整

デフォルトシーナリーでの調整方法を説明します。

X-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にあるScenery packs.iniファイルをメモ帳で開きます。

一番上に表示されている”Extra Landmarks“の定義を一番下に持ってきたら,上書きして終了します。

他に多数のシーナリーをインストールしているときには,デフォルトで付属しているVFRランドマークの下に置きます。

Japan pro“をはじめとして,このライブラリーに含まれているランドマークと重複しているものが見つかった場合には,このライブラリーを無効化するという使い方ができます。

X-Plane11用のシーナリーをいろいろ試してみるときフォルダーに登録したまま,有効・無効の切替をすることができたら便利だなと考えていました。 X-Plane11は,”Custom Scenery”フォルダーに入れたシーナリーはすべて自動登録してしまうので,FS2...
ランドマークの削除

WEDを操作できるのであれば,WEDのソースが付属しているので,WEDでこのライブラリーを開き,該当のランドマークを削除する方法もあります。

WEDで開き,東京スカイツリーを選んで削除することができます

WEDの基本的な操作は,私の記事にあるので参考にしてください。

WEDの使い方にあまり慣れておられない方のために,じゃまな木々や建物を隠すために使うシーナリーの作り方を説明します。 WEDを使って隠すシーナリーを作る手順 ツールの準備 ツールのダウンロード 使うツールは,X-Plane11の公式ページで公開されているWEDを使...

X-Plane11での表示

デフォルトシーナリーだけのX-Plane11にこのランドマークシーナリーだけをインストールした環境で表示しています。

東京羽田34R滑走路から見えるスカイツリーです。

近寄ってみると作りは,あっさりしています。

パリの凱旋門とエッフェル塔です。

なお,エッフェル塔はデフォルトシーナリーに付属している物です。

ランドマークの追加

WEDを使えばこのシーナリーにランドマークを追加することもできます。

重い”Japan pro“ですが,東京タワーのオブジェクトパーツだけを抜き出してこのシーナリーに次のように追加することができます。

こうすれば自分だけのために軽い”Japan pro mini”を作る事も可能です。

他のライブラリーのオブジェクトなどを組み込んだりして改変したシーナリーは,公開することはできません

組み込んだ”Japan pro”の東京タワーと”Extra Landmarks“のスカイツリーのコラボ画像です。

スカイツリーを”Japan pro”のものに置き換えることもできます

厳しいPCインフラへの対応,あるいは登場する11.50でランドマークだけの追加で高FPSを維持したいという場合に使えるテクニックの一つですね。

まとめ

世界中のランドマークを一括して導入できるライブラリーですので,使い勝手はいいと思います。

複雑なシーナリーを導入しなくても最低限のランドマークで済ませたいときには便利に使えます。

また,w2xpデータを補完するデータとしても使えるものだと考えます。

シーナリーも道具と考えればいいので,要は自分の使い方次第ということですね。

Enjoy, Flight!


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版11.41を使って表示しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク