スポンサーリンク

ショパンの名前の付いた空港から遊覧飛行を楽しむ方法

ショパンはポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家です。このショパンの名前を冠するポーランドの空の玄関口がワルシャワ・ショパン空港(EPWA)です。このポーランド最大の空港とワルシャワ市街地のVFRシーナリーをご紹介します。


ショパンの名前を持つ大空港と市街地VFRシーナリー

ワルシャワの街とショパン空港

ワルシャワ・ショパン空港(EPWA)は,以前はオケンチェ空港という名前でしたが2001年に改名されました。

もちろん名前の中にあるショパンは,あの有名なポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家のことです。

ここは”LOTポーランド航空“の本拠地にもなっており,同社は2015年に成田~ワルシャワ間の直行路線を開設しています。

“EPWA” by Robert Szymczak. Photo from flickr

空港のあるポーランドの首都ワルシャワには歴史的な建物がたくさんあります。

建物が集まっている区画を歴史地区と呼び,ここにはワジェンキ宮殿キュリー夫人の生家もあります。

「ワジェンキ宮殿」 Wikipediaから引用

X-Plane11のシーナリー

この大空港とワルシャワ市街地のVFRシーナリーがX-Plane.orgで公開されています。

シーナリーのダウンロードとインストール

ダウンロード

ワルシャワ・ショパン空港(EPWA)シーナリー

シーナリーのタイトルは,”EPWA Warsaw Chopin Airport Poland xp11 1.0.0“です。

X-Plane.orgから引用

EPWA Warsaw Frederic Chopin Airport, more commonly referred to as Chopin Airport or Warsaw-Chopin Airport, is an international airport located in the Włochy dis...

ダウンロードしたファイルは”EPWA tdg.zip“という名前です。

このシーナリーを表示するために必要なライブラリーとプラグインは次のとおりです。

PP Library
RA Library
CDB-Library
OpensceneryX
gt_library
R2 library
ruScenery
FF LOD Library
The Handy objects library
RE_Library 1.8
3D people library
MisterX Library
THE-FRUIT-STAND Aircraft Library v3
BS2001 Object Library
Flags of the World
XAirportScenery
World-Models
AutoGate plugin

あらかじめダウンロードして導入しておいてください。

ライブラリーへのリンクは空港シーナリーの記事の中と私のページにあります。

X-Plane11用のフリーシーナリーを使おうとするとき,場合によってはたくさんのライブラリーが必要になります。 これらのライブラリーをネットから収集しようとするとき,効率よくダウンロード先を知る方法があります。 X-Plane11導入日記(その62) ...

ライブラリーの導入の方法は,私の過去の記事を参考にして下さい。

ワルシャワ市街地のVFRシーナリー

シーナリーのタイトルは,”Poland Pro (VFR Overlay) 1.0.0“です。

X-Plane.orgから引用

Poland Pro This addon scenery package will add accurate buildings, landmarks, roads and woodland for all of Poland and features the following: Completely custom...

ダウンロードしたファイルは”poland.zip“という名前です。

インストール

二つのシーナリーをX-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内に展開すれば導入作業は終了です。

導入後にX-Plane11をスタートしすぐに終了して,X-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にあるScenery packs.iniファイルをメモ帳で開きます。

“poland”の定義が,”EPWA tdg”の下になっていることを確認し,逆になっていれば修正しましょう。

またPoland VFRシーナリーは,w2xpデータやヨーロッパVFRより優先順位を上位にするよう説明があります。

VFRシーナリーの作者は,フォトシーナリーとの併用を勧めていますが,デフォルトシーナリーでも使うことが出来ます。

私は,ワルシャワ市街地の四季の風景変化を楽しむのであれば,フォトシーナリーを使わない方が良いと思います。

X-Plane11でのワルシャワ市街地の遊覧飛行

Googleマップで主要な建物の場所をまず確認しておきましょう。

こうしておいて飛べば一層楽しいと思います。

Googlmapから引用

空港の風景

出発前にショパン空港の施設を見学しましょう。

ポーランドの旅客数の約半分がこの空港を利用するそうですから,旅客機の数も多いですね。

旅客ターミナルです

少し離れた場所に大きな貨物ターミナルがあります。

貨物ターミナルです

遊覧飛行

空港見学を終えたらワルシャワの街を飛行してみましょう。

ではワルシャワの歴史地区に向かうために33番滑走路から離陸します。

離陸して振り返ると空港全景を眺めることができます。

上空から見ると大きな空港であることがわかります

離陸して右手に見えるビスワ川に向かって飛びます。

オートパイロットを使って高度を1000フィートに保って飛びましょう。

右手にワジェンキ宮殿が見えてきます。

なお手前のコの字型建物の真ん中にあるはずのショパン像は再現されていません。

森の湖のまん中にあるのがワジェンキ宮殿,そしてショパン像があるはずですが..見えません

このころには正面と右前にカトリック教会と国立競技場が見えます。

カトリック教会と国立競技場

そして新都心が現れます。

ワルシャワ新都心の高層ビル群です

下は冬のワルシャワの景色です。

秋の夕暮れの景色です。

この四季の変化はSAM Season Extentionを使用しています。

まとめ

ワルシャワ市街地には見所が多いですから,地図を表示しながら遊覧飛行を楽しみましょう。

また四季がある場所ですから,夏だけでなく秋冬の遊覧飛行も試してみましょう。

Enjoy, Flight!


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版11.41r1で表示確認をしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク